実用書

驚くほど目がよくなる! たった10秒の「眼トレ」 「近視」「遠視」「老眼」が9割治る




はじめの一行

はじめに

目を酷使している現代人に失明の危機!?

一説によると、現代人は、江戸時代に暮らした人が一生かかって手に入れる情報をたった1日で得ていると言われています。
それが正確かどうかはさておき、現代に生きる私たちは、毎日、膨大な量の情報に触れているのは間違いありません。

江戸時代ほど昔の話でなくても、
「1996年の選択可能情報量を100とすると、10年後の2006年には500倍以上になっていた」
という総務省の調査もあります。

驚くほど目がよくなる! たった10秒の「眼トレ」 「近視」「遠視」「老眼」が9割治る(日比野佐和子)

ちょっぴりトリッキーなタイトルと、驚くべきデータの提示。
はじめに、はけっこう興味深い話から入って行きます。

本書の内容

独自のメソッドとはいいがたい

まあ、こういった本と、このタイトル。
たぶん読者が期待するのは、毎日何かを10秒やれば、必ず目がよくなる、という事でしょう。
じゃあ本書はそんな情報を提供しているのでしょうか?
私の読んだ範囲で言えば、
「いろいろ目にいい情報を集めました」
というニュアンス。

つまり、毎日これをこれだけやればOK、というものではなく、
目を良くしたい人のために、一応目にいいことをいろいろ書いておくね、という感じの本です。

具体的に言えば、
・目を温める
・目にいいツボ
・目の運動
・目につながる筋肉のコリをほぐす
・目にいい食べ物
などといった内容がずらっと続きます。

大抵の人は、なんとなくしっていることを並べているだけ。
ということは、たとえば厚生労働省辺りが発表するような「がんにならない生活〇箇条」みたいなもので、
知ってはいるけどできないから困ってるんでしょ、的内容になっています。

本書を活かすとしたら

もし本書のタイトル通り「10秒の眼トレ」で「9割」が改善するとしたら、その名称から行くと恐らく目の体操のことを言っているのでしょう。
これは、具体的には書きませんが、目を動かしたり、目の焦点をかえる練習をすることで、目の周りの筋肉を鍛えるというエクセサイズ。
たぶんですけど、本書ではそこが言いたかったのですが、本を作るほどの文章が確保できなかった(この手の実用書はたいていそうですね)ので、目に良いと言われることをいろいろ並べてみた、ということでピントがぼけてしまったのかもしれません。

ちなみに本書では、「ブルーベリー」が目に良い、とありますが最近の研究ではそれを否定する意見もあるようなことをどこかで目にしました。
実際のところはどうかわかりませんが、こういったノウハウは話半分くらいで聞いておいて、自分で実践した際の感覚を大事にするのがいいのかもしれません。

Amazonでのご購入はこちら

 

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. 成長マインドセット
  4. はじめに
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. 実用書

    「吸いたい気持ち」がスッキリ消える リセット禁煙

    はじめの一行序章 とりあえずここだけは読んでくださ…

  2. 実用書

    汗をかかずにほっそりする 骨美人ダイエット

    はじめの一行はじめにジムに行かずに、きつい…

  3. 実用書

    無理なくやせる“脳科学ダイエット”

    はじめの一行はじめに ~脳科学ダイエットなら「ガマ…

  4. 実用書

    その不調、背中ストレッチが解決します。

    はじめの一行はじめに肩こり、腰痛、疲れ、冷え性…

  5. ジェイソン・ファン

    トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ

    はじめの一行まえがき 世界で最も肥満について知りつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 吉田行宏

    成長マインドセット
  2. ビジネス書

    『ライフプラン』保険屋から先生業に転身!: 売り込まないから、いきなり2倍売れる…
  3. ノンフィクション

    きょうだいコンプレックス
  4. 小説

    水鏡推理4 アノマリー
  5. ビジネス書

    営業の鬼100則
PAGE TOP