ビジネス書

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50




はじめの一行

プロローグ

無教養なビジネスパーソンは「危険な存在」である

哲学・思想の専門家ではないワタシがなぜビジネスパーソン向けに「哲学・思想」の本を書いたのか。その理由を一言で表せば、

世界の建設に携わっているビジネスパーソンにこそ、哲学・思想のエッセンスを知っておいてほしいから

という事になります。
私は前著『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』で、社会において大きな権力・影響力を持つことになるエリートの教育では、哲学を中心としたリベラルアーツ教育がますます重視されるようになってきているという世界の風潮を紹介しました。

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50(山口周)

ここ数年、ビジネス書のコーナーにはわりと「哲学」を冠する本が増えています。
きっと、先が見えにくい状況においては、哲学を使うことでそれをしっかり見定めようという事なのでしょう。
哲学というと何となく空虚な思考、という印象を持っていた私ですが、ここ数年その価値を見直しています。
ある意味哲学というのは数学的であり、物事の心理を追求するところでは物理にも似ている。
本書のまえがきにおいては、そんな本質をビジネスパースンに知ってほしい、という著者の思いから始まります。

本書の内容

なぜ哲学はつまらなく見えるのか?

本書のまえがきでは引き続き、一般的にみられる哲学書がなぜつまらないかを論じています。
それは、ほとんどすべての哲学入門書は、時系列で哲学を解説しているからだと言います。
有用であってもなくても、古い順番に紹介している。
そしてその系譜を織っていくのが一般的な哲学入門書。

しかし、本書は著者の個人的な有用性、つまり使えるかどうかという価値観で内容を選んでいる、というのです。

これは言ってみれば、学び始めの大事な時期に歴史であれば、縄文時代といった比較的試験に出にくいところから勉強を始める中学・高校のカリキュラムで見るとわかりやすいかもしれません。
私は、縄文や弥生時代はそこそこ得意でしたが、そのあとはさっぱり。
つまり、はじめだけ頑張って途中でつまずきがちなのが多くの人なのですが、哲学においてもはじめに学ぶものが「使える」ものでなければ最後まで読み切れないのだ、と著者は言います。
納得です。

哲学は思考の道筋

最近わずかながらでも哲学というものをかじってみてい感じるのは、たとえば具体的な「やり方」が最も現場に近いものだったとしましょう。
「ノウハウ」というのはそれを抽象化したコツです。
さらにそれを抽象化していったところにこの哲学というのがあるように感じられます。

本書ではそういった哲学の50のキーコンセプト(哲学だけではなく心理学的な話も入っていますが)を紹介する一冊です。

脳のOSをバージョンアップするには願ってもない内容です。
読んでいるうちに、具体的な目の前の問題への応用が思いつくかもしれませんよ。

 

Amazonでのご購入はこちら

 

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. 成長マインドセット
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. はじめに
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. ビジネス書

    年間報酬3000万円超えが10年続く 独立系コンサルタントの成功戦略

    はじめの一行★「コンサルタントで本当に食べていける…

  2. ビジネス書

    営業の鬼100則

    はじめの一行まえがき今の時代に「鬼100則」と…

  3. ビジネス書

    アテンション 「注目」で人を動かす7つの新戦略

    はじめの一行情報過多時代において「注目」は希少資源…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放
  2. ビジネス書

    共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る
  3. トマス・ゴードン

    ゴードン博士の人間関係をよくする本―自分を活かす相手を活かす
  4. ノンフィクション

    ベストセラーコード 「売れる文章」を見きわめる驚異のアルゴリズム
  5. 心屋仁之助

    心屋流 ちょっと変わった夢の叶え方
PAGE TOP