ノンフィクション

なぜ保守化し、感情的な選択をしてしまうのか : 人間の心の芯に巣くう虫




はじめの一行

はじめに 私たちの行動の原動力となるもの

一九七三年一二月、雨降りのどんよりした日、『サイコロジー。トゥデイ』誌に寄稿していた哲学者のサム・キーンは、カナダのブリティッシュコロンビア州バーナビーにある病院の廊下を足早に歩いていた。医師から余命数日と言われた末期がん患者にインタビューするためだ。「君はギリギリで間に合ったよ。これで私が死について書いてきたことすべてをテストできる。人がどう死ぬか……人がどう死を受け入れるか、それを試すチャンスというわけだ」

なぜ保守化し、感情的な選択をしてしまうのか : 人間の心の芯に巣くう虫(シェルドン・ソロモン、ジェフ・グリーンバーグ 、トム・ピジンスキー)

なんだかおどろおどろしいというか、いきなり死の間際に行われるインタビューシーン。
ちょっと覗き見したい気持ちが駆り立てられてしまいます。

本書の内容

本書のテーマは「恐怖管理理論」

「死」というものを意識する生き物は、人間しかいないらしい。
まあ、そんなこと、言われるまでもないわけですが、逆に言うと意識することもないわけです。
非常に特殊な生き物であり、その「死」に対する意識が、人の行動をかなり支配している。
本書の中心に据えられているテーマがそういったことになるようです。

それを解き明かしたのが、キーワードとなる「恐怖管理理論」というものだそうです。

HOZによる解説ページを見ると、こうあります。

恐怖管理理論には二つの柱がある。ひとつは、「文化的世界観」であり、もうひとつは「自尊心(自尊感情)」だ。もともと幼児には母親のような<安心感の源>が欠かせないが、それは成長するにつれて周囲の文化的世界(モノゴトの成り立ち)への帰属感へと移っていく。一方で、人間は生きていくうえで、自分は有意義な世界の価値ある参加者だという感覚(自尊心)も求める。そして自尊心が高い者ほど、心の奥深くにひそむ恐れを食い止めることができるのだ。

たとえば、自分を褒められ、自尊心が高まった被験者は、生理的にも不安を和らげていることがわかっている。電気ショックを手首に与えるという実験(じっさいには電気ショックは起こらない)で、自尊心を高められた被験者は、高められなかった者より、汗をかく割合がかなり少なかった。自尊心は、メンタルはもちろん、カラダにも効くのである。

後者の自尊心と、恐れの関係はとても興味深いような気がします。

例えばですが、以前テレビで見た、「お化け屋敷での反応」が人種ごとに違う、という実験がありました。
恐怖に対して、日本人は立ちすくむのだけど、白人や黒人はそこに立ち向かっていました。
どちらが優れているという話ではありませんが、あるいは自尊心が低そうな日本人は、こういった恐怖に対する耐性が低いのかもしれません。

その根源となる「死」とどう付き合うかは、本書でご確認いただければと思います。

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




成功する人が磨き上げている超直感力前のページ

全身麻酔次のページ

ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. はじめに
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. ある犬のおはなし
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ドナ・ヒックス

    Dignity

    はじめの一行まえがき「尊厳(ディグニティ)」を…

  2. ノンフィクション

    NHKスペシャル 超常現象 科学者たちの挑戦

    はじめの一行超常現象を科学でとらえるNHKが超…

  3. ノンフィクション

    だれもわかってくれない: 傷つかないための心理学

    はじめの一行はじめに---他人があなたを見る目は歪…

  4. ノンフィクション

    友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学

    はじめの一行第1章 貞節な脳(男と女)進化は私…

  5. ノンフィクション

    学問のすすめ

    はじめの一行あまりにも有名なあのフレーズ福沢諭吉と…

  6. ノンフィクション

    物語として読む 全訳論語 決定版

    はじめの一行はじめにある学生に「ボクは何のため…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. デヴィッド・R・ホーキンズ

    パワーか、フォースか 改訂版 ― 人間の行動様式の隠された決定要因
  2. ビジネス書

    そのまま使える「爆売れ」コピーの全技術
  3. 小説

    水鏡推理4 アノマリー
  4. ビジネス書

    ハーバード・ビジネス・レビュー公式ガイド 社内政治マニュアル
  5. ビジネス書

    なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?―小さな力で大きく動かす!システム思考…
PAGE TOP