小説

万能鑑定士Qの推理劇II




はじめの一行

シャーロック・ホームズ

十二世紀に設立された聖バーソロミュー病院では長いこと、患者が入院する際に葬式費用を請求していた。これはしがない開業医でしかない私にとっても噴飯ものの悪習といえた。おそらく良識あるロンドン市民の中にこの制度の撤廃を歓迎しない者はいまい。悪習と言えば、わが友シャーロック・ホームズが熟考にふけりながらくゆらすパイプの煙も、度を過ぎれば室内の空気を濁らす元凶以外のなにものでもない。

万能鑑定士Qの推理劇II (松岡圭祐)

「推理劇」と名の付く小説の冒頭に、シャーロック・ホームズの引用。
なんとも挑戦的にも見える入り方。
毎度、凝った物語の導入を演じられる著者の特徴と言えるかもしれませんね。

本書の内容

莉子がサラリーマンに!?

波照間から出てきて、古物商で経験を積み、その後、万能鑑定士として活動をしてきた凛田莉子。
彼女が今回、その店をたたみ、ある企業のサラリーマンとして働くことになります。
キッカケは、莉子のもとに持ち込まれた一冊の古書。
それは不思議の国のアリスの和訳書「愛ちゃんの夢物語」。
莉子は仕事としてシャーロック・ホームズの未発表作といわれる古書をオークションハウスで担当することになる。
その真贋も莉子としては疑わしい部分があるものの、権威ある鑑定があるため勤め先は真作という前提で扱っている。
その内容を精査すると同時に、愛ちゃんの夢物語を、勤め先であるオークションハウスの検査部署で見てもらうといろんなことが判明してくる。

この中には一人の男の子を救うかもしれない秘密があるかもしれない。

しかし、その話とは別に、いくつかの伏線がつながり一つの大きな謎に突き当たる。
そこにどう対峙していくか。
そこには日々成長を続ける凛田莉子の活躍が不可欠なわけですが、いつの間にか添乗員αとはすっかり仲良し設定で気軽に呼び出したりしています。
論理的思考とか水平思考とかそれぞれ得意分野があるみたいですが、双方の良さを駆使して事件の真相に迫ります。

考えてみれば、名探偵コナンなみに、様々な事件に巻き込まれる凛田莉子ちゃんですが、今回も結構追い詰められながらも頑張っています。

ついつい応援したくなりますね。

 

Amazonでのご購入はこちら。

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 成長マインドセット
  4. はじめに
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. 小説

    青い春を数えて

    はじめの一行白線と一歩原稿用紙から文字が泳いで…

  2. 夏目漱石

    こころ

    はじめの一行すべてが匿名夏目漱石の「こころ」と…

  3. 小説

    夢のカルテ

    はじめの一行プロローグ夢衣(ゆい)は夢の中にい…

  4. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿 XI

    はじめの一行五年前金閣寺からの帰り道、都立四谷…

  5. ロバート・A・ハインライン

    宇宙の戦士

    はじめの一行唐突に始まる物語今まで紹介した日本…

  6. 佐藤青南

    インサイド・フェイス-行動心理捜査官・楯岡絵麻

    はじめの一行定番のスタートこういったシリーズ物…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 大嶋信頼

    支配されちゃう人たち 親や上司の否定的な暗示から解放される超簡単テクニック
  2. 小説

    不連続の世界
  3. ビジネス書

    副業・人脈・好きなこと 人生が変わる「オンラインサロン」超活用術
  4. ノンフィクション

    Mr.都市伝説・関暁夫の都市伝説7 ゾルタクスゼイアンの卵たちへ
  5. ビジネス書

    売れる文章術
PAGE TOP