ノンフィクション

目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】




はじめの一行

はじめにーーーなぜ「奇跡」なのか

本書を読まれる方は、おそらく、本書のページをめくるごとに、衝撃的な体験をすることでしょう。
というのも、本書には、世間で信じられている常識、政府の公式見解や経済学者の解説、あるいは新聞やテレビから流れてくる情報とは、文字通り180度違う内容が、それはもう次から次へと出てくるからです。

本書は、もちろん私の見解ではありますが、少数派ながら超一流の学者たちによる研究や理論をもとにして書かれています。その中には、日本はおろか、世界のエリートたちでも、ごく一部しか理解していないような高度な内容も含んでいます。

目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】(中野剛志)

なかなかに衝撃的な前書きです。
あなたの常識を覆します、というような言ってみれば挑戦状とも言えそうな前書き。
ここにひかれて本書を手にされた方も結構いらっしゃるかもしれませんね。

本書の内容

景気が回復しないための政策?

本書冒頭で強調されるのは、失われた30年の話。
この時期に、なぜか日本経済はぽきりと折れたようにダメになって、復活の兆しが見えない。
過去にもいろんな経済危機はあったし、そんなときでさえ、小さな振れ幅ではあれどいい時もあれば悪い時もあるという感じでした。
しかし、バブル崩壊以降、日本はなぜか、復活できない。
そしてそれは日本だけの話で、他の国はみな既に経済回復を果たしている。
なぜ日本だけ取り残されてしまったのだろう。

著者の疑問はここから始まります。

本書の内容を一つ一つ読み解いていくと、結構難しい経済の話になりますが、ごくシンプルに理解することも可能です。
経済は基本的に「需要」と「供給」のバランスで成り立っている、ということです。
供給過多なら、需要を増やせばいい。
つまり、公的な支出を増やせばいいのです。

こんな話になると「この赤字国家日本が財政破綻するではないか!?」という意見が出てきます。
それも、専門家筋から。
しかし、日本が財政破綻することは決してない、と著者は言います。
そのからくりは、貨幣の仕組みにさかのぼって学ぶとよくわかります。

当然そういった部分からしっかりと開設されているのが本書。

あまりにシンプルで、あまりに今まで聞いた話と違うだけに、一瞬目を疑うかもしれません。
しかし一方で、なるほど、と納得する部分もたくさんあります。
「奇跡」という触れ込みは伊達ではありません。

そして著者は、単に「自分の考えを発表する」ことが目的で本書を出版したわけではないようです。
むしろ、これらの事実を知っていただくことで、行動していただくことで、日本経済は救われるといいます。
そこにつながる一冊。
ぜひ読んでみてください。

 

Amazonでのご購入はこちら

 

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. ある犬のおはなし
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. 成長マインドセット
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. ノンフィクション

    マネーマッド

    はじめの一行プロローグなあ、あんた、カネに…

  2. ノンフィクション

    無一文からのドリーム

    はじめの一行はじめに二〇一四年一〇月にYouT…

  3. ジェリー・カプラン

    人間さまお断り  人工知能時代の経済と労働の手引き

    はじめの一行バランスをくずす書き出し本書は、割…

  4. ノンフィクション

    なぜ保守化し、感情的な選択をしてしまうのか : 人間の心の芯に巣くう虫

    はじめの一行はじめに 私たちの行動の原動力となるも…

  5. ノンフィクション

    Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談

    はじめの一行はじめにすぅ・ご・い・で・す!!!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    千里眼 運命の暗示 完全版―クラシックシリーズ〈3〉
  2. ノンフィクション

    人が自分をだます理由:自己欺瞞の進化心理学
  3. ジャン₌クー・ヤーガ

    スター・ウォーズ ジェダイの哲学 :フォースの導きで運命を全うせよ
  4. ビジネス書

    起業するならスーツの男に声をかけろ! ~まずは月5万円から~
  5. ノンフィクション

    ミライの授業
PAGE TOP