ビジネス書

売れないものを売る方法? そんなものがほんとにあるなら教えてください!




はじめの一行

はじめに

書店で本書を手にとっていただいたあなた。
おそらく、何かの商品やサービスを売っていて、なかなか売れないと悩まれたことがあるのでしょう。

その気持ち、よくわかります。

「物を売る」ためには、色々な小難しいマーケティング理論やフレームワークもありますが、私なりに極力シンプルに言い表すと

商品力×売り方

これがすべてです。
本書はこの2つの要素のうち、あえて「売り方」に絞って、読者のみなさんに新しい視点を提供していきます。

売れないものを売る方法? そんなものがほんとにあるなら教えてください! (川上徹也)

まえがきの定石で、今本をもって読んでいる人に向かって語り掛けるパターン。
「あなたは、〇〇なことで困っていたりするんじゃないでしょうか?」
ときて、共感を示される。

さらに「実は私(著者)もこんな経験があって」と続く。(本書はその流れではありませんが)

こんなところが、まえがきの必勝パターンのようですね。

本書の内容

何かを変えれば売れ始める

本書の前提は、まえがきにある、

商品力×売り方

という公式のうち、主に「売り方」を取り上げる本になります。

内容としては、過去にヒットした商品の事例研究。
簡単に言うと、ある方法で売っても全く鳴かず飛ばずだったのに、こんな工夫をすれば爆発的に売れた。
そんな内容ですね。

たとえば、現在は2月。
受験シーズンも終盤戦に入っていますが、その商品のネーミングやダジャレで受験必勝グッズになる。
キットカットは、きっと勝つ。
そんなパッケージにするだけで、売上は劇的にアップ。

何の変哲もないカレーを、ダムのように盛り付けるとダムカレーとなり、ご当地グルメになった話など、工夫次第でうれることはけっこうあるようです。

5W2Hを見直せ

本書の中でも中心的な考え方になるのが、5W2Hという考え方。
普通だと、5W1H ですね。
ここに「How much」という要素を足して、5W2Hにする。
この中のどれかを一つ買えるだけで、過疎っていた商品が脚光を浴びた事例は数知れず。

ここからはわたしの感想なんですが、こういった工夫が当たるのは、たぶん「たまたま」なんです。
狙ってヒットしたという事はあんまりない。
となると、「たまたま」と出会うためには、いろんなことをやってみる必要があります。
ビジネスだけではないのでしょうが、たくさんの数の手を打つ。
これが一番確実な成功法則なのかもしれません。

Amazonでのご購入はこちら

 

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. はじめに
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. ハリエット・レーナー

    こじれた仲の処方箋

    はじめの一行はじめにこの本では、謝罪が持つ力と…

  2. ビジネス書

    余命3年 社長の夢 ~「見えない橋」から「見える橋」へ

    はじめの一行はじめに2012年、病を発症した。…

  3. ビジネス書

    集中力のひみつ

    はじめの一行序●集中力は直接操作できない集中力…

  4. ビジネス書

    20字に削ぎ落とせ ワンビッグメッセージで相手を動かす

    はじめの一行プロローグ「あなたはスピーチを何もわか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. サイモン・シネック

    WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う
  2. 内藤了

    ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子
  3. ビジネス書

    文芸オタクの私が教える バズる文章教室
  4. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿X
  5. 塚本亮

    群れない。 ケンブリッジで学んだ成功をつかむ世界共通の方法
PAGE TOP