ビジネス書

世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた




はじめの一行

はじめに 世界のエリートたちはビジネスの「セオリー」を知っている。

多くの日本のビジネスパーソンは、圧倒的に勉強不足である。

こういうと反発が大きいだろう。世の常識は「日本は勤勉」。でもこれは違う。
私はIBMで海外ビジネスパーソンと仕事をする機会が多かった。ビジネススキルこそ武器と考える彼らは、普通にMBA(経営学修士)を得ている。経営理論は「読み書き算盤」であり、仕事の基本スキルだ。「これはあの〇〇理論に基づいた戦略だ」というと、すぐに通じた。そしてセオリーに沿って、現実に即した戦略を合理的に議論した。

世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた(永井孝尚)

これはまた、衝撃的な一行。
日本のビジネスパーソンは、圧倒的に勉強不足である。
まさに挑戦(挑発?)ともいえるこの一行。

しかし、本当に勉強不足な人は恐らく、この本を手にしていないはず。
手にするのは、自分は勉強している自覚のある人でしょう。
つまり、挑発にはなりえず、ある意味自分は大丈夫という安心感を得られる一行なのかもしれません。

本書の内容

骨太ビジネス書のカタログ

本書の構成は、50冊の骨太のビジネス書を1冊につき数ページに要約した、カタログのような本。
それぞれの本が、300ページオーバーのものが多いにもかかわらず数ページにまとめています。
ですから、中心テーマの一部だったり、取り立てて目立つ特徴的な考え方だったり、事例だったりが紹介されています。
本書を読んで、50冊の本を読んだつもりになるのはとても危険ですが、ざっくり、どんな傾向の事が書かれているかはわかります。
だから、できれば、関心を持った本は、元ネタをあたりたいところ。

私の場合、50冊中11冊を読んでいました。
最も多かったのが「人」に関するジャンルで、そのあと「起業」、「イノベーション」とつづきます。
そうやって見てみると、自分の偏り具合がよくわかります。
まあ、偏りが悪いというわけではないと思いますが、自分の特性を知るにはいいかもしれません。

インスタントに、「こうすればああなる」的なノウハウ本はほとんどなく、しっかりと地に足をつけた研究本が多いのもこの選書の特徴かもしれません。

時間がない人のために

実務で忙しく、なかなか本を読む時間が取れない。
そういう人はいると思いますが、全く読まないのもどうかと思います。
ということで、凝縮してハズレのないよう本を選びたいなら、本書はおすすめです。
以外だったのは、ドラッカーが一冊もなかったこと。

なんでなんでしょうね。

Amazonでのご購入はこちら

 
【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. はじめに
  4. 成長マインドセット
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. ビジネス書

    脳科学マーケティング100の心理技術

    はじめの一行はじめに なぜ今 脳科学マーケティング…

  2. ビジネス書

    小予算で優良顧客をつかむ方法 マーケティング常識11のウソ

    はじめの一行あおってます(笑)いまや、日本を代…

  3. ビジネス書

    セミナー講師の伝える技術

    はじめの一行セミナー講師の役割本書は、セミナー…

  4. ビジネス書

    人を動かす「仕掛け」 あなたはもうシカケにかかっている

    はじめの一行子供向けの学習漫画?本書は、表紙の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    きょうだいコンプレックス
  2. ビジネス書

    アテンション 「注目」で人を動かす7つの新戦略
  3. ノンフィクション

    妻のトリセツ
  4. ノンフィクション

    脳の取扱説明書 (今を生きる)
  5. ケヴィン・アロッカ

    YouTubeの時代 動画は世界をどう変えるか
PAGE TOP