ジョン・ドーア

Measure What Matters 伝説のベンチャー投資家がGoogleに教えた成功手法 OKR (メジャー・ホワット・マターズ)




はじめの一行

序文

アルファベットCEO グーグル共同創業者 ラリー・ペイジ

19年前、グーグルを創業した時に、この本があればよかった。いや、それよりもっと前、管理すべき相手が自分だけという時代にあったら!僕はプロセスと名の付くものは大嫌いだが、優れたアイデアが完ぺきに実行された時、初めて魔法がおこる。だからOKRが必要なのだ。

Measure What Matters 伝説のベンチャー投資家がGoogleに教えた成功手法 OKR (メジャー・ホワット・マターズ)(ジョン・ドーア)

ジョン・ドーアを知らない人も、ラリー・ペイジなら知っているでしょう。
そしてそのラリー・ペイジがグーグルの躍進の背景に、このOKRという目標設定・管理手法があるというのだから、気になる人は気になるに違いありません。

本書の内容

OKR

本書の内容は、序文にも少し触れられている通り、シンプルな目標設定・管理手法OKRが中心です。これを設定し、企業がいかに発展を遂げてきたかが様々な事例とともに紹介されています。さらに、後半では付録としてグーグルのOKRの実践マニュアルがついてます。かなりお買い得ですね。

さて、OKRというのはどんなものなのでしょう。
実は導入各社のアレンジがあるようで、これだ!と固定的に話をできるのは骨格部分になります。
まずは「O」を設定します。

これは目的ですね。
目標と言い換えますが、この目標設定はたとえばグーグルでは「なかなかできそうにないところ」に置いているようです。
普通にクリアできそうな目標なら、野心が足りないと言います。
同じやり方ではクリアできないところにこの「O」を置くことで、そのプロセスについても常に革新を行う前提があるようです。

そしてKRですが、これは「これができればOは達成できる」という結果です。
過程でも行動目標でもなく、結果にフォーカスします。
これが報酬制度と結びつくと、社内は相当殺伐としそうな雰囲気ですが、それは避けたほうがいいようです。
また、そもそも達成できないくらいのストレッチ目標を掲げるので、できないと言って劣等感を持たないように考えられているようです。

このあたり、組織やリーダーの意識改革が必要となりそうですね。

組織が目標に向かう仕組み

細かいところでは、比較的マメに進捗を確認し、フィードバックを得る。
実はこれらは、かなり高度なモチベーションマネジメントが裏で動いているような気がします。
ストレッチ目標はある意味失敗を恐れない行動を誘発し、しかも届かない目標を追いかけ続けることで人が成長するでしょう。
また、できなかったことを責めるというより、前に向いてどんどん進むことにフォーカスされて、うまく定着すればいい雰囲気になるんじゃないかと思います。

ただこれ、定着させるにはいろいろ難しい側面がありそうです。
特に日本的な大きな組織になると、妙な方向に行きかねません。
そういった扱いのむずかしさはありますが、会社を前進させる仕組みとして、ぜひ試してみたいものですね。

ただ、たんにOKRを実施する参考に読みたいとすれば、こちらの方がわかりやすいかもしれません。

OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

 

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ストレス・疲れがみるみる消える! 1分間 どこでもマインドフルネス前のページ

無限連鎖次のページ

ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. はじめに
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. ビジネス書

    売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放

    はじめの一行はじめに・ランチのみの国産牛ステー…

  2. ビジネス書

    ブスのマーケティング戦略

    はじめの一行本当はここにまえがきをということで…

  3. ビジネス書

    直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN

    はじめの一行はじめに「単なる妄想」と「価値あるアイ…

  4. ビジネス書

    男女脳戦略。――男にはデータを、女にはイメージを売れ

    はじめの一行はじめにこれは、あなたが男性脳か、…

  5. ビジネス書

    「好き」を「お金」に変える心理学

    はじめの一行あなたの人生の幸せには、どのくらい「お…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方
  2. GACKT

    GACKTの勝ち方
  3. ビジネス書

    図解 テレビに学ぶ 中学生にもわかるように伝える技術
  4. ビジネス書

    多馬力マーケティング 選ばれる商品になるための口コミの強化書
  5. ビジネス書

    儲けのしくみ──50万円からできるビジネスモデル50
PAGE TOP