小説

マスカレードホテル




はじめの一行

1

電話が鳴った。内線電話だった。十六階のえればーたホールにある館内電話からだ。山岸尚美は、嫌な予感を覚えた。ついさっき、一人の男性客のチェックインを済ませた。その客に提供したのは十六階のシングルルームだ。ベルボーイの町田が荷物を持ち、客を部屋へ案内しに行ってから五、六分が経過している。町田は入社一年目の新人だ。何か重大なミスをしなければいいが、と危惧した。

マスカレードホテル(東野圭吾)

緊迫シーンから始まる本書。
何かわかりませんが、とにかく緊急事態。
これはグイグイと引き込まれてしまいます。

本書の内容

あらすじ

警察が連続殺人と見る事件には、殺害方法や被害者には何のつながりもなかった。
それらが連続殺人事件とみる背景には、犯行現場に残されたある紙片が共通していたから。
ここには一見意味不明の数字の羅列があった。
警察はこの数字を読み解き、次の犯行現場が東京の高級ホテルであることを見抜く。
そして、犯行を未然に防ぐため、刑事はそのホテルに何日も詰めた。
犯人も狙われている被害者もわからないため、刑事の数名は、ホテルスタッフに扮して犯行に目を光らせる。
そんな物語です。

まあそういうシチュエーションですから、怪しい顧客は怪しく見える。
もともと、ホテルという場所は結構いろんな人が来るようです。
そんな曲者と、犯人、なかなか見分けがつかず伏線はどんどん広がっていきます。
それが、最後の40ページほどで一気に展開していきます。

感想

私の感想としては、前半は、もうお仕事小説かと思うくらい、ホテルの意外な一面が表現されています。
ホテルマンがどんな思いで仕事をしているか、
少し難しいお客様にどう対応するか、
そんな難題に、ホテルマンふんした刑事が一生懸命奮闘します。

私は、小説の面白いかそうでないかを判断するのに、自分が読むスピードを一つの指標にしています。
つぎへつぎへとどんどん読み進める小説は面白いし、そうでない小説はそうでない。
本書はスピードという意味ではさほど早くはなかったのですが、飽きさせることなくそこそこのボリュームを読み切ることができました。
後半戦の展開部分はかなり早くなりましたが。

余談ですが、たいとるの「マスカレード」ってよく聞く単語ですが、意味を知らなかったので調べてみました。
仮面舞踏会みたいな意味があるみたいですね。
顔の見えない犯人がそこにいる、といういみではセンスあるタイトルだなぁと思いました。

もう一つ余談ですが、東野圭吾さんって芽が出るまでに結構時間がかかったそうな。
その間作品を書き続けていたので、ブレイクした時に次々と新作を発表できたという話を最近聞きました。
努力の人なんですね。

 

いやー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 成長マインドセット
  4. はじめに
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. 小説

    万能鑑定士Qの推理劇 III

    はじめの一行千葉鑑定団千葉県内の国道沿いには、…

  2. 小説

    13階段

    はじめの一行次を読みたくなる1行高野和明さんと…

  3. ココロ直

    ナユタン星からのアーカイヴ

    はじめの一行風変りいっっぷう変わった小説は、こ…

  4. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿 II

    はじめの一行精巧なる贋作角川書店に入社四年目、…

  5. 奥田英朗

    イン・ザ・プール

    はじめの一行主人公を出し惜しみ?本書はかなりヒ…

  6. 小説

    新帝都物語 維新国生み篇

    はじめの一行発端それは、会津の村人が始めてみる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 石田久二

    僕らの魂が地球に放り込まれた理由-7人の神様に聞いてみました
  2. 実用書

    ストレス・疲れがみるみる消える! 1分間 どこでもマインドフルネス
  3. ロルフ・ドベリ

    Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思…
  4. 佐藤由美子

    シンクロちゃん――一瞬で人生を変える「10秒スイッチ」の法則
  5. ノンフィクション

    「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 日本縮約版
PAGE TOP