前野隆司

無意識がわかれば人生が変わる – 「現実」は4つのメンタルモデルからつくり出される




はじめの一行

まえがき 心はどこに行くのか

ついに出ました。待望の、由佐美加子さんとの対談本。

僕は、人の心はどういうもので、どうなるのか、どうなるべきなのか、に興味がある。自分自身の問題だし、皆さん自身にとっても切実な問題だから。そこで、「人の心は幻想のようなものなのではないか」という受動意識仮説を提唱したり、幸せ(ウェル・ビーイング)について研究したりする活動を長らく行ってきた。前者は「心の哲学」、後者は「心の倫理学」に対応する。

無意識がわかれば人生が変わる – 「現実」は4つのメンタルモデルからつくり出される(前野隆司、由佐美加子)

本書のまえがきは、この本の背景説明から入っている、という感じでしょうか。
幸福学者の前野隆司さんと、独自にメンタルモデルという考え方を編み出した由佐美加子さん。
この組み合わせの妙が、本書のだいご味だと思います。まえがきでは、その組み合わせが作られた経緯をお話すればオッケー。そんな感じでしょうか。

本書の内容

四つのメンタルモデル

本書の内容のコアな部分を見ていくと、基本的には以前ご紹介した『ザ・メンタルモデル』という本の内容とほとんど変わりません。
ご参考まで、その時のレビュー(少し詳しく内容を書いてます)のリンクを貼っておきます。

ザ・メンタルモデル 痛みの分離から統合へ向かう人の進化のテクノロジー

簡単に言うと、人は4つの痛みを持って生まれてくると言います。その4つの痛みというのが、
・自分は価値のない存在である(価値なしモデル)
・自分はひとりぼっちである(ひとりぼっちモデル)
・自分は愛されない(愛なしモデル)
・自分は何かが欠けている(欠陥欠損モデル)
といったもの。

「価値なしモデル」を例に、もう少し詳しく説明するとこんな感じでしょうか。
価値なしモデルの人は、自分が価値がない人間であるという思いをもって生まれてきます。その思いが強いため、現実社会の中でその「価値がない自分」というのを無意識に補おうというところにエネルギーを使います。その結果、仕事で成果を上げるとか、学業で好成績を収めるとか、そういった世間一般で言われる「価値」を求めて無意識に行動します。自分が価値がない、ということをだれにも悟られないよう、様々なもので武装すると言った感じでしょうか。

彼らは、自分は価値がない前提なので、とにかく倒れるまで、何かに急き立てられるように働きます。休むことができない人たちなので、結果として身体を壊したりすることがあるようです。大企業の社員にはこのタイプが多いと由佐さんは言います。

さて、こういった行動、自分の本来の姿ではなく社会に適合するために自分が作り出したパターン。だからどこかでうまくいかなくなります。例えば価値なしモデルの場合は、働きすぎで身体を壊し、ベッドの上で「このままではいけない」なんて言う気づきがある。そういったときに、自分が何のためにこんなに働くのか?と考え始めると、自分が「価値のない自分」という前提がある事に気付く。そして「自分は価値がない」という思い込みがある事を知ることで、どんな自分でも世の中で存在意義はある、という考えに至ることができれば、これが本来の源につながる生き方なのですごく楽になる、という流れです。

ここで参考までに、本書のあとがきに書かれたメンタルモデルに関する由佐さんの要約を引用します。

●人に価値を認められないと、この社会では生存できない →人は等しく存在価値で認められ、誰もが真の自分を生きるために価値がある事を自分軸で選択できる(価値なしモデル)
●愛やつながりは自己犠牲と奉仕の大家で得られる取引である →自分にあるすべてを無条件で理解し受け入れる自己愛から、人は真実でつながりあい、常に愛を感じられる(愛なしモデル)
●しょせん世界はいたるところで分離していて、人間はエゴからしか生きられない →この世界はすべてが大いなる生命を源として一つであり、人間はその生命全体の調和を担うべく進化できる存在である(ひとりぼっちモデル)
●ありのままでいられる居場所はこのせかいのどこにもない →一人一人の違いは唯一無二の個性の美しさであり、誰もがそのありのままで安心してこの世にいられる(欠陥欠損モデル)

多くの人は一つのメンタルモデルが突出している

この4つのメンタルモデルのうち、大抵は一つのメンタルモデルが突出していると言います。著者の由佐さんはひとりぼっちモデル。前野さんは欠陥欠損モデル(ひとりぼっちモデルの要素も強い)。たぶん、私はひとりぼっちモデルだと思います。この4つのメンタルモデルで興味深いのは、その人のミッションがそのメンタルモデルの中に含まれているということ。たとえば、ひとりぼっちであると、「この世界はすべてが大いなる生命を源として一つであり、人間はその生命全体の調和を担うべく進化できる存在である」という自分にとっての理想の世界を作り上げること。

実はそういわれても私はピンとこないのですが、それはおそらくまだまだ自分が、従来のOSを手放せてないからじゃないかと思います。先ほどの価値なしでいうと、「価値がない自分だから価値ある行動を」ということで動き回るクセ。ひとりぼっちモデルは、人と出会う時かならず、別れる前提で物を考えます。だから、深入りしない。深入りして、実際に分かれるときの痛みが他のメンタルモデル以上に強いのです。だからその痛みを感じないよう、そもそも深入りしない。こういった、社会に適合するための行動パターンをいったん捨て去ることで、それぞれの人がもつ自分の本当の源の行動として生きていけるというのです。

聴き手を通して学べる気楽さ

さて、本書は、このメンタルモデルの提唱者である由佐さんと、幸福学者の前野さんの対談です。前野さんはそもそもAIでしたか、そう言った理系の世界にいたものの、人の心の仕組みに惹かれて幸福学という心理学から派生した一分野の研究をされている方と認識しています。そういった、人の心理にたけた方が聴き手としているということ、そして、前野さんはどうやら本にするということ以前に、自分のことに興味津々の様子です。だからけっこう突っ込んだ質問もされています。まだ、教壇に立つ人だからか、ちゃんと読者が理解できるようにかみ砕いて話をされているような配慮を感じられます。

だから、本書に書かれていることを冷静に整理すると、『ザ・メンタルモデル』に書かれていることがほとんどなんですが、また違った角度から、違った言葉で説明されているので、理解は深まりやすいように思います。

この本との出会いが、人生の転換点になる人、けっこういるかもしれませんね。

 

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

 

Amazonでのご購入はこちら

幸福の意外な正体 ~なぜ私たちは「幸せ」を求めるのか前のページ

グラスホッパー次のページ

ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. はじめに
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. バイロン・ケイティ

    ザ・ワーク 人生を変える4つの質問

    はじめの一行はじめにこの”Loving Wha…

  2. 古賀史健

    嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

    はじめの一行物語風の始まり本書は、哲人と青年の…

  3. 自己啓発

    さよなら婚活 Kindle版

    はじめの一行「婚活」は結「婚」式「活」動を略した「…

  4. 自己啓発

    2050年 衝撃の未来予想

    はじめの一行はじめに産業・技術の急速な進歩、グ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ダリル・アンカ

    本当にやりたかったことを、今すぐはじめよう!
  2. ノンフィクション

    世界は贈与でできている――資本主義の「すきま」を埋める倫理学
  3. 小説

    万能鑑定士Qの推理劇 III
  4. 七尾与史

    ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件
  5. ビジネス書

    メモの魔力 The Magic of Memos
PAGE TOP