小説

13階段




はじめの一行

次を読みたくなる1行

高野和明さんと言えば、どの小説を見ても、かなりリアリティの高い描写が特徴ではないでしょうか。
恐らく本書も、ずいぶんと取材をしたうえで描かれていると思います。
そんな魅力だけでなく、やっぱり書き出しがドラマチックです。

死神は、午前九時にやってくる。
樹原亮は一度だけ、その足音を聞いたことがある。
最初に耳にしたのは、鉄扉を押し開ける重低音だった。その地響きのような空気の振動が止むと、舎房全体の雰囲気は一変していた。地獄への扉が開かれ、身じろぎすらも許されない真の恐怖が流れ込んできたのだ。
やがて、静まり返った廊下を、一列縦隊の靴音が、予想を上回る人数とスピードで突き進んできた。
止まらないでくれ!
ドアを見ることはできなかった。樹原は、独居房の中央に正座したまま、膝の上で震える指を凝視していた。

13階段(高野和明)

死神って何だろう?
午後九時?
どういう事だろう?

はじめの場面設定からして、次を読ませる工夫があるように思います。
読み始めそうそう、「?」を投げかける。

読者としては、疑問が出てきた以上、解決したくなるもので。
ついつい先を読み進めてしまう。
いわば、冒頭の「死神は・・・」のくだりはまさにキャッチコピーのような役割をしているのかもしれません。

まぁ、そもそも「13階段」というタイトルの意味、これはこれで気になりだすときになります(笑)
そういう意味では、いろんな読ませる仕掛けがあるように思います。

本書の内容

結論が明らかに

この本、カバーのあらすじにすでに結論が書かれています。
冒頭のシーンは、ある死刑囚のシーン。
でもって、カバーに描かれたあらすじでは、彼が冤罪であると言い切っています。

無実の男を助ける、という結論に向かって物語は進んでいきます。
刑の執行まで残された時間は、そう多くはない。
しかも、死刑囚には犯行時間の記憶がない。
そんな制約の中、この男の運命はどうなるのだろうか。

江戸川乱歩賞受賞というバッジも持っている本書は、なかなか読ませる一冊です。

本書のご購入はこちら。




イン・ザ・プール前のページ

現代広告の心理技術101次のページ

ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. はじめに
  4. ある犬のおはなし
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿VII

    はじめの1行クリスマスイヴ鏡に映った自分の姿は…

  2. 小説

    記憶屋Ⅲ

    はじめの一行新たな物語の始まり本書は、前作『記…

  3. 住野よる

    君の膵臓をたべたい

    はじめの一行エキセントリックなタイトルこの小説…

  4. 小説

    仮面病棟

    はじめの一行プロローグ秒針が時を刻む音が、六畳…

  5. 小説

    クラシックシリーズ6 千里眼 マジシャンの少女 完全版

    はじめの一行天気いつしか雨はあがり、濡れたアス…

  6. 小説

    探偵ガリレオ

    はじめの一行1「……振り向いたところを見れば、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    僕らはSNSでモノを買う
  2. 小説

    スプートニクの恋人
  3. ビジネス書

    SDGs入門
  4. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿VIII
  5. かん吉

    人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術
PAGE TOP