自己啓発

超悟り入門




はじめの一行

はじめに

本書は悟りの本です。いつかは悟りたい、悟れないまでも悟りとは何かを知りたいという人のための入門書になります。
ですので、本書を読み終わった後、すべての人が悟りとは何かを理解することが出来るはずです。中には理解できないという人も出てくるかもしれませんが、そういう人は悟りがわからないのではなく、わかりたくない人です。

超悟り入門(苫米地英人)

初めの一行で本書の目的をズバッと説明。
なんとも苫米地先生らしい直球勝負ですね。
これはこういう本で、読み終わるとこういう状態になる。慣れないのは、あんたがそうしようとしないからだ、ととにかく自信満々。
この独特の語りに多くのファンがつくのかもしれません。

わからない人は、わかりたくない人、というくだりも、スコトーマのことをおっしゃっているのではないかと推察します。
私は苫米地さんの本でその言葉を知りましたが、スコトーマというのは心理的盲点。
見えてるはずなのに、見えないように脳が仕組んでる死角のようなもの。
私たちは見たいものしか見ない、というところの性質があり、この本を読んでも悟りがわからないのは、まさにわかりたくない(わかってしまうと深層心理的に困ってしまう)状態があるのであろう、という事なのでしょうね。

本書の内容

悟りは簡単

本書の内容はまさに、まえがきの数行ですべて説明されているわけですが、もう少し突っ込んだ話をご紹介します。
私のイメージとしては、「悟り」というと究極奥義で、そこまで行ってしまえば人間探求の終着点という印象を持っていました。悟りさえ開ければ、世の中のすべてを理解し、まったく違う世界の住人になるという感じでしょうか。その感覚は、半分あたっていて、半分間違っているのかもしれません。

まず、悟りというのは究極奥義でも何でもなく、いわばそこが出発点のようなもののようです。本書によると悟りというのは、

「この世は幻である」と理解できればいいのです。

と言い切っています。

言ってみれば、映画『マトリックス』のようなものだと言っているわけです。
悟りと瞑想が非常に相性がいい理由は、その「この世は幻である」という事を実感するに際しては、とってもやりやすい方法だからのようです。

このように、答えは「この世は幻」という風に提供されていて、
そこに向かってそれを実感する。
ここまで方向性と方法が明らかになると、なるほど、なんだか悟りというものがとても身近に感じられるような気もしてきます。

悟りを開いたからといって・・・

悟りという状態に関心を持つ人の多くは、現実の世界に何かしらの物足りない感を感じている人が多いのではないでしょうか。
実は私はそういう人の1人です。
何かもっと人生を充実したものにする鍵があるはずだ、とそのカギを探し求めるわけです。
そういう人が、悟りを開いたとしたら、もしこれが本当の悟りならきっと、はじめは「おー、すげー!」となるのでしょうが、だんだんと「だから何?」となっていきそうな気もしています。

本書のテーマとしては、悟ることが最終目的ではなくて、悟った時点で自分がどんな行動をとるか?がとても重要なテーマである、と語っています。

とはいえ、現実に悟りの世界を見たことのない私たちがこんなその先のことを話しされても・・・という気持ちも無きにしも非ず。
ただ、「先があるんだよ」と知っておくことは悪いことではないような気もします。
先があることで、悟りその物が簡単に見えるなら、それはそれで悪い話ではなさそうな気もします。

私もぜひ、悟りの向こう側に行ってみたいな、と感じさせる一冊でした。

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

 

Amazonでのご購入はこちら

ビジネスと人生に飛躍をもたらす 使命の本質前のページ

レインツリーの国次のページ

ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. ある犬のおはなし
  3. はじめに
  4. 成長マインドセット
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. 清水義久

    あなたは私 私はあなた (この素晴らしき「気」の世界2)

    はじめの一行「気」という不思議な世界本書のはじ…

  2. 星渉

    神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り

    はじめの一行はじめに 一度きりの人生を公開しないた…

  3. エックハルト・トール

    さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

    はじめの一行序章 この本が生まれたいきさつ私は…

  4. 梯谷幸司

    無意識を鍛える

    はじめの一行はじめに 潜在意識は腕のいいタクシーの…

  5. マンガ

    「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

    はじめの一行働きすぎてうっかり自殺しかけました。し…

  6. Jam

    多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。

    はじめの1行はじめに「お芝居と同じように、人生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    実存的変容 人類が目覚め「ティールの時代」が来る
  2. ビジネス書

    人と組織の問題を劇的に解決するU理論入門
  3. ひすいこたろう

    世界一ふざけた夢の叶え方
  4. 実用書

    やまと式かずたま術 令和から未来へ
  5. ピエール・ルメートル

    その女アレックス
PAGE TOP