ベネディクト・キャリー

脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!




はじめの一行

脳の使い方

ここ数年、「脳」のパフォーマンスを上げる的なテーマの書籍は割と多く出版されています。
その中の一つである本書は、こんなふうに始まります。

余白を広げる

努力だけでは報われない!
私は「ガリ勉」だった。
昔の自分を表現すると、どうしてもこの言葉になる。何しろ私は、細かい事がいちいち気になり、暗記用の単語カードを自作する子どもだった。40年近くたった今でも、努力家で、勉強の虫で、働きバチだったこの少年が、安物のデスクランプの明かりに目を細めながら、教科書にかじりついている姿をはっきり思い浮かべることができる。
この少年は朝も早く。5時には勉強を始めていた。高校2年生になって習得できないことが出てくると、胃に不快感を覚えるようになった。二次方程式の解の公式、アメリカがルイジアナを買収したときの条件、武器貸与法、平均値の定理、詩人のT・S・エリオットが隠喩を用いて皮肉をあらわす手法・・・。
こんなのは序の口だ。

脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!(ベネディクト・キャリー)

流れ的には、こんなにがんばってきたけれど・・・という展開ですね。
脳科学などに明るい著者のようですが、内容は読みやすく、人を引き付ける書き方ができる人のようです。
まえがきもまた、ちゃんとドラマになっていますね。

本書の内容

もくじ

本書の構成はこんな感じです。

《Part1》脳はいかに学ぶか

第1章: 学習マシンとしての脳
──記憶という生命現象を解き明かす

第2章: なぜ脳は忘れるのか
──記憶のシステムを機能させる忘却の力

《Part2》記憶力を高める

第3章: 環境に変化をつける
──いつもの場所、静かな環境で勉強するのは非効率

第4章: 勉強時間を分散する
──一度に勉強するより分けたほうが効果的

第5章: 無知を味方にする
──最善のテスト対策は、自分で自分をテストすること

《Part3》解決力を高める

第6章: ひらめきを生む
──アイデアの「孵化」が問題解決のカギ

第7章: 創造性を飛躍させる
──無から有をつくりあげる「抽出」のプロセス

第8章: 反復学習の落とし穴
──別のことを差し挟む「インターリーブ」の威力

《Part4》無意識を活用する

第9章: 考えないで学ぶ
──五感の判別能力を学習に活用する

第10章: 眠りながら学ぶ
──記憶を整理・定着させる睡眠の力を利用する

こうやって眺めてみると、そこそこ脳について関心を持ち、その類の本をそこそこ読んでいる人にとってはさほど目新しい話はなさそうに見えます。
実際に、読んでみてそんな感じでした(笑)

ただ、読んでいく中で、非常にスラスラと読める感じはちょっと見習いたいところ。
非常にわかりやすいのです。

あるかたが、「ビジネス書はそれを試してみたくなる」ことが良いビジネス書の条件とおっしゃっていました。
そういう意味では、非常にしっかりした本なのかもしれません。

本書の購入はこちら。




ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. ある犬のおはなし
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. 小野寺S一貴

    日本一役に立つ! 龍の授業

    はじめの一行はじめに古の時代より、人間は祭壇に…

  2. ひすいこたろう

    悪魔とのおしゃべり

    はじめの一行イントロダクションはマンガで本書は…

  3. 種市勝覺

    ここに気づけば、もうお金には困らない

    はじめの一行僧侶が書いたお金の本この本、何が面…

  4. ひすいこたろう

    世界一ふざけた夢の叶え方

    はじめの一行いきなり結論冒頭から結論というパタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ヘミングウェイ

    老人と海
  2. ノンフィクション

    人が自分をだます理由:自己欺瞞の進化心理学
  3. ピエール・ルメートル

    その女アレックス
  4. ビジネス書

    武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50
  5. エベン・ペーガン

    あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法
PAGE TOP