自己啓発

世界一ゆる〜い!やりたいことの見つけ方: 何者にもならなくて大丈夫 Kindle版

はじめの一行

はじめに

「やりたいことがわからなくて、
なんだかモヤモヤする。。」

「目の前の仕事に全力で取り組めっていうけど、
それができないくらい、
今の仕事に違和感がありすぎて辛い。。」

「周りの人のように、
何かに打ち込みたいのにそれがわからなくて、
エネルギーを持てあましているのが嫌だ。。」

「このまま漠然と生きていいのだろうかと、言いようのない不安に襲われる。。」

もしも一つでも、
あなたがうなずいてしまったのであれば、
おめでとうございます。

世界一ゆる〜い!やりたいことの見つけ方: 何者にもならなくて大丈夫 Kindle版(川喜田敬)

まさにPASONAの法則の活用というか、まずは読者が直面してるであろう問題を列挙することで関心を引き寄せる文面ですね。タイトルもそうですが、すっかりこのあたりに引き寄せられてしまいました。

本書の内容

「やりたいことがわからない」ことの居心地の良さ

本書を読む中で、もっとも印象に残った内容は、やりたいことがわからない理由の一つとして示されているものです。それは、やりたいことがわからないというのは、実は、やりたいことがわからないことで受けている恩恵があるのではないか、ということです。実は、「私、〇〇で困ってます」というとき、実はその人は〇〇という理由で困っているのは事実ですが、逆にそれで得をしていることもある、ということがよくあります。具体的な例を挙げるとすると、たとえば、「もうこんな会社、辞めたい」といったとします。同僚に毎日のようにそんな愚痴を語ってはいるものの、一向に辞表を出さないという人、結構良く見かけます。こういう人は、不満はいっぱいあるものの、今の会社で給料をもらえているという環境であるわけです。これが転職となると、うまく就職できるかという不安もあれば、社内の人間関係に溶け込むといった面倒もありますし、良い上司がいる職場という保証もありません。つまり、今も満足できないけど、転職するというのはいろいろリスクも伴う。だから結局はいまのまま我慢しているほうが安全である、という計算が頭の中に(無意識レベルで)ある可能性があります。だから、口だけで、辞められないのです。

コーチやカウンセラーというのはたいてい、人が動けなくなった時、「今の状況が嫌だと思っている半面、今の状況で何か得をしていることがあるのではないか?」という問いかけをされます。まさに本書ではその問いかけを読者にしているのですが、「やりたいことがわからない」というテーマに対してそういった問いを問いかける本は今までなかったように思います。そこで「やりたいことがわからないのいは、わからないことでとくをしていることがあるのではないか」といわれてはっとした、というけいいがあります。私的にはそのトピック1つで、本書を読んだ価値は十分あったと感じました。

やりたいことって、すごいことじゃなくてもいい?

これは本書の内容に直接的にかかわる話ではありませんが、何となく本を読み進める中で、「やりたいことって、そこそこすごいことでなければならない」と思っていたような気がしますが、そんなことないのかも、と思えました。それは本書の緩さから感じ取ったイメージなのかもしれませんが、すごくなくていい、案外ごく当たり前の普通のことかもしれないという考えに至った時、「ああ、もしかしたら自分がやりたかったことはこれなのかも」というイメージがわいてきました。それは決して突飛なものでもなくて、実は今まで普通にやってきたことの延長にあるように思います。あとはそのイメージを踏み固めていく感じかな、と思うのですが、そのヒントをつかむことができた一冊であることは間違いありません。

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はこちら

 

祈りの法則ーインディアンの長老から授かった「宇宙の流れ」をコントロールしない祈り方ー前のページ

観音さまから運をもらう方法 単行本次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. ある犬のおはなし
  3. 成長マインドセット
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. ジュリア・キャメロン

    いくつになっても、「ずっとやりたかったこと」をやりなさい。

    はじめの一行イントロダクション一九九二年、私は『アーティスト・…

  2. 自己啓発

    新装版 問題は解決するな

    はじめの一行はじめにもし今、生きることに違和感…

  3. 心屋仁之助

    心屋流 ちょっと変わった夢の叶え方

    はじめの一行はじめに2017年2月8日。心…

  4. ブレンド・バーチャード

    自分を貫く

    はじめの一行奮い立たせよう!本書の始まりはこん…

  5. 自己啓発

    それ、勝手な決めつけかもよ? だれかの正解にしばられない「解釈」の練習

    はじめの一行事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである…

  6. 自己啓発

    現代語訳 論語と算盤

    はじめの一行はじめに渋沢栄一という原点…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    ステレオタイプの科学――「社会の刷り込み」は成果にどう影響し、わたしたちは何がで…
  2. 本田健

    一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money
  3. ケルマデック

    ありえない方法で日常が変わる 異次元とつながる本
  4. テッド・チャン

    あなたの人生の物語
  5. 本田健

    お金のIQ お金のEQ
PAGE TOP