エイミー・C・エドモンドソン

チームが機能するとはどういうことか




はじめの一行

専門書らしく・・・

どちらかといえば、学術書的趣のある本書。
書き出しはこんな感じです。

二十一世紀における知識ベースの組織の成功は、さまざまな分野とのコラボレーションや、階層のフラット化や、たゆまぬイノベーションが上手くいくかどうかにかかっている。一つの理由は専門分野が狭まり、多くの分野が下位分野に細かく分かれている事だ。ところが、この世界で解決すべき問題はそうした状況に応じて小さくなってはいない。それどころか、一層複雑さを増している。これは、多くのチャレンジに対して、人々は分野を超え、協力し合って取り組む必要があるという事だ。

チームが機能するとはどういうことか(エイミー・C・エドモンドソン)

まずは結論から。
論文を書き続けてきた人の文章のパターンなのかもしれませんね。

本書の内容

組織の学習力と実行力を高める

この時代に必要な組織の在り方は、冒頭の1行で提示されました。
本書の内容は、そのためにどうチームをかじ取りするかがその内容です。

その中でも、特に「心理的安全性」については事例を交えながら、
丁寧に解説されています。
では、その心理的安全性とはどういうものなのでしょうか?

学習する組織に不可欠な心理的安全性

簡単に言うと、心理的安全性というのは、
どんな意見を言っても罰せられず、
嫌がられず、
歓迎される状態を言います。

普通なら言いにくい意見も、何の抵抗もなく言える状態。
なぜ、これが必要かというと、イノベーティブな段階においては、
リーダーは答えを知らないことが多いから。

最善の答えを探るために、誰もが意見を言えて、
上手に失敗を重ね、
組織自体が成長することが必要となる、と論じられています。

本書のご紹介

YOUTUBE動画

本書の印象的な言葉をピックアップし、感想を述べた動画です。

本書のご購入


Amazonでの本書のご購入はこちら。




稼ぐ言葉の法則 「新・PASONAの法則」と売れる公式41前のページ

学問のすすめ次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. ある犬のおはなし
  3. 成長マインドセット
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. ビジネス書

    ビジネス小説 もしも徳川家康が総理大臣になったら

    はじめの一行これから、2020年の話をしようと思う。2020年…

  2. ビジネス書

    マインドシフト: 圧倒的な勝ち方

    はじめの一行はじめに時代のうねり時代の大きなうねりが来…

  3. ビジネス書

    マンガでやさしくわかるU理論

    はじめの一行はじめに100年後の歴史の教科書に…

  4. ビジネス書

    ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す

    はじめの一行はじめにビジネスはその歴史的使命を…

  5. ビジネス書

    精神科医が見つけた 3つの幸福 最新科学から最高の人生をつくる方法

    はじめの一行はじめに「幸せ」とは何か?幸せになりたいですか?…

  6. ビジネス書

    大きな嘘の木の下で ~僕がOWNDAYSを経営しながら考えていた10のウソ。~

    はじめの一行はじめに僕は決してエリートではない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ハリエット・レーナー

    こじれた仲の処方箋
  2. ビジネス書

    人生の勝算
  3. スピリチュアル

    バタ足ノンデュアリティ―ノンデュアリティって、徹底、日常生活のことなんですよ!
  4. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿V
  5. 小説

    万能鑑定士Qの推理劇I
PAGE TOP