佐藤青南

ブラック・コール 行動心理捜査官・楯岡絵麻




はじめの一行

監禁?

この出だしを見ると、なんとなく監禁されているようにも感じられます。
しかも、八年も。
ただ、男と女の関係は今一つ見えず、この不安定感が次を読ませる。
そんな感じで、グイグイと引き付けられます。

この本は、何冊かシリーズとして出されていますが、書く側としてはシリーズ物の書き出しって結構悩むのではないかと思います。
同じパターンを踏襲するか、毎回違う演出をするか。
読者は、書き手ほどは意識してはよんではないと思うのですが…。

書いてる方は、そういった細部のこだわりで結構苦労してるんだろうな…とふと思いました。

地下室には規則的な寝息だけが響いていた。
久我春奈はベッドに体を横たえたまま、薄目を開ける。
天井が見えた。これまで八年もの間、救いを求める声が外に漏れるのを防いできた、頑丈で、忌まわしい天井だ。
親指を左に滑らせる。男の胸が膨らんだり、萎んだりしているのが、視界の端に映った。シーツの擦れる音に気を付けながら、ゆっくりと、ゆっくりと顔をひねる。男の横顔がはっきりと見えた。彫刻のように整った顔立ちに、かつては淡い恋心を抱いたこともあった。だが、恋慕の情はやがて憎しみに変わり、そのうち憎しみすらも恐怖に押しつぶされて、今はもう、空っぽだ。

ブラック・コール 行動心理捜査官・楯岡絵麻(佐藤青南)

本書の内容

大ボスとの対決!?

おなじみ、行動心理捜査官 楯岡絵麻(通称エンマ様)の活躍物語です。
ただ、本書は他のシリーズにないちょっとした盛り上がりがあります。
それが大ボスとの対決。
一作目からにおわされていた、楯岡絵麻が行動心理捜査官としての人生をスタートさせるきっかけとなった事件です。

この犯人と、絵麻がこの回で対峙します。
これ以上は、書くとまずいと思いますので、良かったら読んでください、というところではあるのですが。

私の個人的な感想は、シリーズ最高の盛り上がりではないか、と。
多分、著者はこの回あたりで完結とするつもりだったんじゃないかとも思うのですが・・・
そのあとも出続けています(笑)
結構苦労して書かれてるんじゃないでしょうかね。

ま、そんな渾身の一冊なので、ぜひ。

 

本書のご購入はこちら。




ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. はじめに
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. 佐藤青南

    ストレンジ・シチュエーション 行動心理捜査官・楯岡絵麻

    はじめの一行登場人物日本の小説の多くのパターン…

  2. 七尾与史

    ドS刑事 さわらぬ神に祟りなし殺人事件

    はじめの一行1テーブルをはさんで代官山脩介は一…

  3. 小説

    万能鑑定士Qの推理劇I

    はじめの一行遡ること五年旅客機の客室乗務員を務…

  4. 小説

    RED

    はじめの一行不穏な物語の予感・・・主人公は、”一見”幸せな…

  5. 小説

    少女

    はじめの一行遺書〈前〉子どもなんてみんな、試験…

  6. 大石圭

    女奴隷は夢を見ない

    はじめの1行プロローグその朝も少女は、狭くて湿…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    事故物件怪談 恐い間取り
  2. ビジネス書

    あなたの知識や経験を、コンサルタントになって大きな稼ぎに変える法~年収3千万円以…
  3. ビジネス書

    儲けのしくみ──50万円からできるビジネスモデル50
  4. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿XII
  5. 北野唯我

    天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ
PAGE TOP