ノンフィクション

天才! 成功する人々の法則




はじめの一行

天才なのに老衰?

寡作ですが、出す本出す本大ヒット。
本国では非常に人気の高い、マルコム・グラッドウェル。
日本での知名度はいまいちですが、この本も非常に面白い本です。
本書は、こんなふうに始まります。

ロゼトの謎

ロゼト住民の死因は、老衰だけだった!

outlier(名詞)アウトライアー(外れ値)
一、中心やその近くの集団から、著しくくかけ離れた地点や、まったく異なる分類に属する存在
二、(統計用語)他の特定力大きく離れた観察値

健康すぎる村

イタリアのローマから南東へ一〇〇〇マイルほど離れたところ、ブーリア州フォッジア県のアベニノ山脈のふもとの丘陵地帯に、”ロゼト・ヴァルフォルトーレ”という町がある。中世の名残をとどめ、中心にある大きな広場には、かつて周囲一帯を治めていたサッヂェス家の宮殿、バラッツォ・マルケサーレが面している。アーチ形の門をくぐると、カルミネ山の聖母マリア教会へとつづく。丘を上る狭い石段の両脇には、赤い瓦屋根の、二階建ての石造りの家が肩を寄せ合うようにして建っている。

天才! 成功する人々の法則(マルコム・グラッドウェル)

本書のタイトルは、「天才」がテーマに見えるわけですが、なぜかいきなり死因が老衰という読めない展開(笑)
このアンバランス感が、次へと読み進める原動力なのかもしれません。

本書の内容

アウトライアー

本書の中心テーマは、アウトライアー。
イントロダクションで、その意味が掲載されていますが、要はありえない結果を残す人。
つまり、天才をテーマにしています。

じゃあ、天才は生まれつきのものなのか?努力の人なのか?
そういった事を、さまざまな研究事例を引用しながら解きほぐしていきます。
といっても難しくなりすぎず、推測や経験値だけで話を組み立てず、論理的に「天才」の本質を浮き彫りにします。

一万時間の法則

多くの人が、「一万時間の法則」というのを耳にしたことがあるのではないでしょうか。
どんなことでも、一万時間練習すれば、そこそこのレベルには到達する、というものです。
恐らく、その法則を世に広めたのが、本書ではないでしょうか。

じゃあ、ひたすら努力すればいいのか?
という内容に思われがちですが、本書ではまた違った視点においてもアウトライアー(天才)を分析しています。

豊富な事例は非常に興味深く、これ、人に話すときに使えるネタが結構あるんですね。
そういった物語をたくさん含んでいる事もまた、本書のヒットの理由なのかもしれません。
一度手にとってみられることをおすすめします。

本書のご購入はこちら。




第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい前のページ

飛田で生きる: 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白次のページ

ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 成長マインドセット
  3. はじめに
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. ノンフィクション

    子どもの脳を傷つける親たち

    はじめの一行序章 健全な発達を阻害する脳の傷つき…

  2. ノンフィクション

    しらずしらず――あなたの9割を支配する「無意識」を科学する

    はじめの一行はじめに私たちに起こるすべての事柄…

  3. ノンフィクション

    事故物件怪談 恐い間取り

    はじめの一行はじめに事故物件済みます芸人という…

  4. ノンフィクション

    第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい

    はじめの一行科学的に見破れない違いを見破る”第一感…

  5. ノンフィクション

    きょうだいコンプレックス

    はじめの一行さりげない共感?おそらく、本書を手…

  6. ノンフィクション

    学問のすすめ

    はじめの一行あまりにも有名なあのフレーズ福沢諭吉と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ドーソン・チャーチ

    思考が物質に変わる時 科学で解明したフィールド、共鳴、思考の力
  2. 小池浩

    借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんがあえて教えなかったとんでもないこの世…
  3. 大嶋信頼

    リミットレス! あなたを縛るリミッターを外す簡単なワーク
  4. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿III
  5. ビジネス書

    社長も投票で決める会社をやってみた。
PAGE TOP