佐藤青南

インサイド・フェイス-行動心理捜査官・楯岡絵麻




はじめの一行

定番のスタート

こういったシリーズ物の小説ですが、スタートは毎回同じシーンから始まります。
それは、犯人の取調べシーン。
いわゆる刑事ものの中では、少し変わったしちゅえーっションかもしれません。

ただ、いつもは主人公楯岡絵麻が行う”キャバクラトーク”なのですが、今回は登場人物が変わっています。
楯岡絵麻とは似ても似つかぬ、ゴリゴリのおじさん。
筒井による取調べシーンでのスタートです。

「だがあんた、五年前にも年上の旦那を亡くしているらしいな。死因は溺死。雨の日に海釣りに出かけて、高波に飲まれたとか・・・その結果、あんたは三千万の保険金を手にすることになった」
筒井道大は捜査資料を読み上げながら、にやりと唇を吊り上げた。
目の前に座った女が、なにかいおうと口を開きかけたものの、諦めたように視線を落とす。
女の名前は、中越晴美。三十歳の専業主婦で、殺人事件の重要参考人である。
艶やかな黒髪を胸のあたりまで垂らした、お嬢様然とした雰囲気の・・・

インサイド・フェイス-行動心理捜査官・楯岡絵麻(佐藤青南)

本書の内容

行動心理捜査官の活躍

絶世の美女捜査官、楯岡絵麻。
彼女は、心理学を駆使して、相手のウソを見抜く。
その捜査官の活躍を描いた小説ですが、シリーズ化されることで、だんだんと敵が強大になっていきます。

こんかいは、シリアルキラー。
また、この回を境に、今まではどちらかといえばあまり接触のなかった宿敵(?)筒井との共同作業が増えてきています。
本作以降は、このゴリゴリのおじさんデカ、筒井がけっこう迷活躍をします。

だんだんと、主人公楯岡のミステリアスな過去が明るみに出てくると、次回作の内容作りが大変かと思うのですが、わりと過去が解決されていきますね。

キャラクターの大切さ

本書のみならず、それなりにシリーズ化される小説というのは、登場人物の個性が際立っています。
まあ、小説に出てくる登場人物で、その人間性が見えないものはほとんどないと思いますが、ちゃんと役割が決まっているんですね。
そういったキャラづくり。
これがやっぱり大事なんだな、と思います。

小説でない場合は、筆者のキャラクターです。
書き手の個性というか、人間性が出ない文章というのは、今一つ引き込まれにくいのではないか、
そんな風に本書を読みながら感じた気がします。

本書のご購入はこちら。




ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 成長マインドセット
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. ある犬のおはなし
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. 小説

    アナザー・フェイス

    はじめの1行第一部 五万人のダミーサツマイモ一…

  2. ダリル・アンカ

    粉々になった鏡のカケラ 第1篇クリプティック-謎-

    はじめの一行第1章スリーロック・マウンテン人類…

  3. 住野よる

    君の膵臓をたべたい

    はじめの一行エキセントリックなタイトルこの小説…

  4. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿IX

    はじめの一行忘れ物今年六十二歳になるコヴェント…

  5. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿VI

    はじめの1行夢物語東京湾埋立地、芝浦埠頭の倉庫…

  6. 七尾与史

    死亡フラグが立ちました!

    はじめの一行1岩波美里がデスクの上に頬杖を突き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 村田有季彦

    夢を引き寄せるインナーグレートの法則: あなたの中の「もう一人のあなた」が人生を…
  2. 上橋菜穂子

    精霊の守り人
  3. 種市勝覺

    ここに気づけば、もうお金には困らない
  4. 小説

    悪魔と呼ばれた男
  5. 原田マハ

    本日は、お日柄もよく
PAGE TOP