ビジネス書

ハーバード・ビジネス・レビュー公式ガイド 社内政治マニュアル




はじめの一行

社内政治・・・?

特に大きな企業に顕著だと思いますが、社内の政治に翻弄されるケース、けっこうあると思います。
私の感覚として、良い人ほど出世できず、冷血な人ほど出世する。
企業は、長期的な成果より、短期的な成果でしか評価されないことが多い。

やりたいこと、やったらいいと思う事を出来ないのが、多くの組織だと思います。
逆に、正しいと思う事をやったが故、組織の中でつまはじきものにされることも少なからずある。
そういった人のためのマニュアル。
前文では、そんな事を簡潔に示しているように思います。

社内政治のスキルは、仕事で成功する「最高の手助け」である

どんな組織にも政治的なドラマというものが存在する。
つまり、個人的なぶつかり合いだの、さまざまな課題についての対立だのがおこり、縄張り争いが盛んに発生するのだ。おとなしく耐え忍んで仕事を成し遂げようとしていたら、きっと頭がおかしくなってしまうだろう。
問題は、黙ってうつむいているわけにはいかないことだ。組織や自分のキャリアのためには、たとえ困難であっても、生産的に同僚と働かなければならない。
では、暗黒側(ダークサイド)に足を踏み入れずにうまく立ち回るにはどうしたらいいのだろう?
権力の力学(ダイナミクス)や言葉にされないルールの存在を認めることだーそして、そういうものにポジティブに向き合っていく事である。「政治」とは決して悪い言葉ではない。人から権力を横取りしたり、社内でガツガツ出世しようとしたりしなくても、仕事で成功できる。

ハーバード・ビジネス・レビュー公式ガイド 社内政治マニュアル(カレン・ディロン)

本書の内容

社内政治に活用できるスキル

さて、社内政治という言葉にどんなイメージを持ちますか?
どちらかというと、私個人的には姑息なイメージがあります(笑)
とはいえ、現実世界において必要なスキルでしょうから、学ばないわけにはいきません。

逆にそういった煩わしい事を、さっさとスルーして自分の力量を活かしていきましょう、というのが本書の提案でしょう。
具体的には、こんなスキルが学べる、と本書は言っています。

①付き合いにくい人と「うまく人間関係を築く方法」
②味方を増やして「まわりに影響力を与える方法」
③骨が折れるけれども「実り多い話し合いに取り組む方法」
④必要なリソースを「まんまと手に入れる方法」
⑤人の恨みを買わずに「出世する方法」
⑥上司のペットになった社員と「上手に付き合う方法」
⑦社内のいじめっ子や派閥に「立ち向かう方法」
⑧ここぞというときに「自分の功績を強調する方法」
⑨権力闘争やつまらない競争を「避ける方法」
⑩対抗意識を持っている同僚たちと「結託する方法」

この内容を見ると、ほとんどが人間関係に関する項目であることに驚きます。
まぁ、「社内政治」という事ですから人に関わるのは当たり前ともいえますが、ここにあげられたことを悩んでいる人、結構いらっしゃるのではないでしょうか。
会社を辞める理由の第一位が、人間関係であるというのはなんとなくここから透けて見えそうです。

特殊なノウハウではない

本書を読み進めて感じたのは、何かスゴイアイデアで、特殊なスキルやノウハウか?
というとそうでもないと思います。
まぁ、読んでみれば、常識の範囲内かな・・・と思われるものがほとんど。
うまい人はこれを無意識にやっていると思います。

どうもうまくいかない。
そんな人は、頭の中を整理するつもりで読んでみるのもアリかもしれません。

本書のご購入はこちら。

 


インサイド・フェイス-行動心理捜査官・楯岡絵麻前のページ

「つながり」で売る! 7つの法則次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 成長マインドセット
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. ビジネス書

    「本位力」の働き方~あと30年を輝かせる仕事と個人の改革~

    はじめの一行はじめに改元の節目を迎え、本格的に…

  2. ビジネス書

    小さな会社の稼ぐ技術

    はじめの一行カバーに書かれた挑発?本書の始まり…

  3. ビジネス書

    一生使える 見やすい資料のデザイン入門

    はじめの一行カッコいい資料を作るコツ私たちは、…

  4. ビジネス書

    マンガでわかる非常識な成功法則

    はじめの一行ベストセラー自己啓発書の漫画版本書…

  5. ビジネス書

    ブスのマーケティング戦略

    はじめの一行本当はここにまえがきをということで…

  6. ビジネス書

    読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

    はじめの一行はじめに 自分のために書くということ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    万能鑑定士Qの推理劇I
  2. アービンジャー・インスティチュート

    自分の小さな「箱」から脱出する方法 ビジネス篇 管理しない会社がうまくいくワケ
  3. 実用書

    やまと式かずたま術 令和から未来へ
  4. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿 II
  5. ノンフィクション

    乗るのが怖い 私のパニック障害克服法
PAGE TOP