ブレンド・バーチャード

自分を貫く




はじめの一行

奮い立たせよう!

本書の始まりはこんな文章です。

理想と自由を実現するとは、自分を貫く事

「ライオンのように勇敢な心を持って生まれてきたのに、どうしてネズミのような生き方をしているのだろう?」

偉業を成し遂げるべく運命づけられている人々は、必ず人生のある時点で、真意を映しだす鏡の前に立ち、こう自問する時を迎えます。
鏡に映っている疲れ切った自分の目をまっすぐ見据えて、よく考えてみましょう。
つい他の事に気を取られて、その度に膨大な時間をムダにしてしまうのはなぜか。
本当の自分を世間の目にさらすと考えただけで、委縮してしまうのはなぜか。
対立が生じそうになると、慌てて回避しようとしてしまうのはなぜか。
自然は勇敢な人々、固い意志を持った人々、創造的な人々、自立した人々、つまり私たち一人一人に無限の自由と力、豊かさを与えてくれます。
しかし、どうして私たちは狂気じみた社会の競争におとなしく参加し、平凡な日常という迷路に入り込み、わずかな報酬に甘んじているのでしょうか。
実のところ、安心感を得たいとか、受け入れられたいという欲求を満たすために世論に追従し、退屈な人生に縛られてはいないでしょうか。
あなたは、こう自分の心に尋ねなければいけません。
「いつになったら、もっと上のレベルの存在に昇格する準備ができるだろう?」

自分を貫く(ブレンド・バーチャード)

今の自分に甘んじていていいのか?
いつあなたは、本当の自分として生きていくのか?

そんな問いを目の前に突き付けられます。
オレはこんなもんじゃない。
そんな風に思っている人には、グッと刺さる書き出しではないでしょうか。

本書の内容

目新しい話ではないが・・・

本書を読み進めると、特別目新しい考え方があるわけではないと思います。
いろんな本や、セミナーで語られることが中心になります。
しかし、かといってマンネリ感があるかといえばそうでもない。

本書の内容としては、ガツガツ成功に向かって行動しようという側面もあるのですが、
どちらかというと、心のありようというか、心の持ち方について語られているように思います。

というのも、特に日本の方は周囲に歩みを合わせる傾向があります。
出る杭は打たれる的な話もあるわけですが、いやいや成功したいなら自分の本心をもっと出そうよ、という提案。
常識とか、周囲の反応とか、そういった事はとりあえず脇に置いておいて、自分のやりたい事、それも本当にやりたいことを追求しようという感じ。

非常に心の起爆剤になる本だったと思います。

本書のご購入はこちら。




超心理学――封印された超常現象の科学前のページ

霊感検定 春にして君を離れ次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. ある犬のおはなし
  4. 成長マインドセット
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. Naokiman Show

    BASHAR×Naokiman Show 望む未来へ舵を切れ!

    はじめの一行はじめにはい、皆さんこんちは~!…

  2. 佐々木典士

    ぼくたちは習慣で、できている。

    はじめの一行はじめにぼくはいつも自分のことを「…

  3. クリステン・ウルマー

    不安を自信に変える授業

    はじめの1行はじめに-なぜ不安を乗り越えてはいけな…

  4. 自己啓発

    さよなら婚活 Kindle版

    はじめの一行「婚活」は結「婚」式「活」動を略した「…

  5. 心屋仁之助

    ネコになってしまえばいい

    はじめの一行ネコみたいに生きたいフォトエッセイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. グレッチェン・ルービン

    人生を変える習慣のつくり方
  2. 北川恵海

    ちょっと今から仕事やめてくる
  3. 梯谷幸司

    無意識を鍛える
  4. ビジネス書

    革命のファンファーレ 現代のお金と広告
  5. 実用書

    驚くほど目がよくなる! たった10秒の「眼トレ」 「近視」「遠視」「老眼」が9割…
PAGE TOP