城ノ石ゆかり

怒りが消えれば、やせられる―コーピング・ダイエット




はじめの一行

心に効くダイエット本

ダイエットといえば、食事制限、エクササイズ、など。
とかく面倒くさい。
そもそも、長続きしないからこそ、次から次へと新しいダイエットが出てきます。

本書は、ご自身の実体験をふまえた、「行動を変えなくてもいい」ダイエットの提案です。

人生が楽しく変わるダイエット!

「コーピング・ダイエットって、何?」
あなたは、そんな事を思いながら、この本を手に取ってくださったのではないでしょうか?
そう、「コーピング・ダイエット」という言葉には、なじみがないかもしれません。なぜかといえば、私がネーミングしたからです。
けれども、言葉は新しくても、その効果は、長年の実績から証明できると自負しています。
私はこれまでの約18年、エステティック業を通して、2000人を超えるお客さまのダイエットに関わってきました。
エステティック・サロンの女性社長というと、いまでいう「美魔女」をイメージされる人は少なくないかもしれません。
そのスタイルを見ただけでは、「太った人の気持ちなんて、わかるの?」といいたくなるような、線が細くて、何歳になっても20代と張り合えるような、そんな女性……。
言ってみれば、「女の憧れ」そのものの女性です。
そのせいか、パーティなどで異業種の人と名刺交換をした時に、私の肩書を見て、二度見されることがあります。
「はじめまして……」
名刺を交換しながら、こちらを見てニッコリ。名刺を見て、私の顔を見直す。
私が人生で、もっともいたたまれない思いをする瞬間です。

怒りが消えれば、やせられる―コーピング・ダイエット(城ノ石ゆかり)

本書の内容

ダイエットは心の問題?

ダイエットには、3つのバランスが必要だといいます。
食事のバランス、運動のバランス、そして本書で取り扱う気持ちのバランス。
実は、食事を制限したり、やりたくもない運動をすると、余計にストレスをためます。
ストレスは、食欲につながり、どんどん苦しい心理状態のスパイラルがおこります。

太りやすい人がついつい食べてしまう。
この理由の中には、自分よりも、他人の気持ちやその場の空気を優先してしまい、自分のストレスで消化してしまっているという事態があるようです。

よくよく考えてみたら、太っている方って、どこか優しげで、あまりとげのない人が多い。
それってもしかしたら、体系がそう見えるというよりも、そういう人だから太ってしまう、ということなのかもしれません。

本書はそういった、自分を軽く扱ってしまうというか、自分が好きになれない人の心をいやす方法を提案しています。
自分を愛することで、ダイエットは実現する。
そんな一冊です。

行動派変えなくてもいい。
考え方だけが変わればいい。

心強い本ではないですか?

 

本書のご購入はコチラ。




ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. 成長マインドセット
  3. はじめに
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. 清水義久

    金運・仕事運・商売運なら「住吉の神さま」にまかせなさい

    はじめの一行しびれる言葉本書の前書きは、以下の…

  2. 自己啓発

    リフレーム ~一瞬で劇的な変化を生みだすカウンセリングの技術~

    はじめの一行はじめに 実践的でパワフルなスキル…

  3. 松岡修造

    弱さをさらけだす勇気

    はじめの一行はじめに 弱さがあるから、僕たちは強く…

  4. 八木龍平

    成功している人は、なぜ神社に行くのか?

    はじめの一行プロローグ科学者が”商売あがったり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 佐藤由美子

    シンクロちゃん――一瞬で人生を変える「10秒スイッチ」の法則
  2. オリビア・フォックス・カバン

    カリスマは誰でもなれる
  3. ビジネス書

    マンガ ビジネスモデル全史 新世紀篇
  4. ビジネス書

    男女脳戦略。――男にはデータを、女にはイメージを売れ
  5. 佐藤青南

    サッド・フィッシュ 行動心理捜査官・楯岡絵麻
PAGE TOP