ビジネス書

戦わない経営




はじめの一行

思いあふれる書き出し

純粋なビジネス書としてみたとき、こんな書き出しってどうなんだろう?
と思ってしまいます。
ただ、この本はビジネスエッセイとでもいうのでしょうか。
そんな内容なので、こんな書き出しもしっくりきます。

「何をしている会社ですか?」

よく聞かれる。

いろいろなことをやっているので、
いろいろと一生懸命に説明するんだけど、

本当は、こう答えたい。

「幸せを作っている会社です」

戦わない経営(浜口隆則)

本書の内容

意外と骨太?

この本、先ほども言ったようにビジネスエッセイとでもいうようなタッチ。
じゃあ、ビジネスに役に立たないかといえばそんなことはありません。
どちらかというと、ノウハウというより原理原則。

経営者としてどんな立ち位置に立つのか。
何を目指していくのか。
そんなことを教えてくれる一冊です。

ちょっとおまけみたいにつけられた、ポジショニングマップの書き方は、ビジネスバンクグループが教える「経営の12分野」におけるポジショニングの授業そのもの。
じっくり時間を取ってやってみると、かなり役に立ちます。

ビジネスが目指す先

経営者であったり、管理職であったり、企業家であったり。
こういった人たちは、いったい何を目指して経営するのでしょうか。
ライバルを打ち負かし、自分が競争のトップに立つ。
そして量的拡大を果たした先には何があるのか。
リーダーは、そこに思いをはせる必要がありそうです。

そんな著者の思いが込められているのが冒頭にご紹介した文章。

著者は言います。
社長は幸せの専門家であるべきだ、と。

この考え方が私にとってしっくりくるには、それなりの時間を要しました。
時間というか年月ですね。
何十年もいろんなことを学んだ結果、この言葉は自分の中にしみこんできますが、20歳代のころに聞いても理解不能だったと思います。
何こぎれいなことを言ってるんだ、と(笑)

こんなことをしっかり描いてくる著者は、いろんな意味で真面目なんだと思います。
真摯に物事に取り組む。
決して派手さはないのかもしれませんが、非常に力強い思いを感じずにはいられません。

Amazonでの購入はこちら。

楽天での購入はこちら 戦わない経営 [ 浜口隆則 ]

なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?―小さな力で大きく動かす!システム思考の上手な使い方前のページ

奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い次のページ

ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. はじめに
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. 成長マインドセット
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. ビジネス書

    ゼロからつくるビジネスモデル: 新しい価値を生み出す技術

    はじめの一行まえがき見知らぬ世界へこれ…

  2. ビジネス書

    そうだ、星を売ろう

    はじめの一行小説仕立てのビジネス書最近よく見か…

  3. アンドリュー・スコット

    LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

    はじめの一行日本語版への序文幸せな国、日本…

  4. ビジネス書

    親父いつ社長やめるの?~創業者があなたに事業承継しない決定的な理由~

    はじめの一行はじめになぜあなたは親から事業承継…

  5. セス・ゴーディン

    セス・ゴーディンの出し抜く力: 先がわかる人は、何を見ているか

    はじめの一行監訳者のことば本書には、著者による…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 夢枕獏

    陰陽師(おんみょうじ)
  2. ノンフィクション

    乗るのが怖い 私のパニック障害克服法
  3. お悩み解決〇〇に効く本

    会社の売り上げを上げたいときに読む本
  4. アルバート・エリス

    現実は厳しい でも幸せにはなれる
  5. ノンフィクション

    眠れないほど面白い日本の「聖地」: 人はなぜ「この地」に惹きつけられるのか
PAGE TOP