ビジネス書

戦わない経営




はじめの一行

思いあふれる書き出し

純粋なビジネス書としてみたとき、こんな書き出しってどうなんだろう?
と思ってしまいます。
ただ、この本はビジネスエッセイとでもいうのでしょうか。
そんな内容なので、こんな書き出しもしっくりきます。

「何をしている会社ですか?」

よく聞かれる。

いろいろなことをやっているので、
いろいろと一生懸命に説明するんだけど、

本当は、こう答えたい。

「幸せを作っている会社です」

戦わない経営(浜口隆則)

本書の内容

意外と骨太?

この本、先ほども言ったようにビジネスエッセイとでもいうようなタッチ。
じゃあ、ビジネスに役に立たないかといえばそんなことはありません。
どちらかというと、ノウハウというより原理原則。

経営者としてどんな立ち位置に立つのか。
何を目指していくのか。
そんなことを教えてくれる一冊です。

ちょっとおまけみたいにつけられた、ポジショニングマップの書き方は、ビジネスバンクグループが教える「経営の12分野」におけるポジショニングの授業そのもの。
じっくり時間を取ってやってみると、かなり役に立ちます。

ビジネスが目指す先

経営者であったり、管理職であったり、企業家であったり。
こういった人たちは、いったい何を目指して経営するのでしょうか。
ライバルを打ち負かし、自分が競争のトップに立つ。
そして量的拡大を果たした先には何があるのか。
リーダーは、そこに思いをはせる必要がありそうです。

そんな著者の思いが込められているのが冒頭にご紹介した文章。

著者は言います。
社長は幸せの専門家であるべきだ、と。

この考え方が私にとってしっくりくるには、それなりの時間を要しました。
時間というか年月ですね。
何十年もいろんなことを学んだ結果、この言葉は自分の中にしみこんできますが、20歳代のころに聞いても理解不能だったと思います。
何こぎれいなことを言ってるんだ、と(笑)

こんなことをしっかり描いてくる著者は、いろんな意味で真面目なんだと思います。
真摯に物事に取り組む。
決して派手さはないのかもしれませんが、非常に力強い思いを感じずにはいられません。

Amazonでの購入はこちら。

楽天での購入はこちら 戦わない経営 [ 浜口隆則 ]

なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?―小さな力で大きく動かす!システム思考の上手な使い方前のページ

奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い次のページ

ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. 成長マインドセット
  3. はじめに
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. ビジネス書

    「つながり」で売る! 7つの法則

    はじめの一行ビジネスの理想の姿本書は、こんなふ…

  2. ピーター・クライン

    エブリデイ・ジーニアス 「天才」を生み出す新しい学習法

    はじめの一行はじめに……本書の活用法子どものこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 夏目漱石

    こころ
  2. 小説

    千里眼 ミドリの猿 完全版―クラシックシリーズ〈2〉
  3. ロバート・A・ハインライン

    夏への扉
  4. ビジネス書

    マーケティング・ジャーニー 変容する世界で稼ぎ続ける羅針盤
  5. 小説

    花酔ひ
PAGE TOP