ロバート・A・ハインライン

夏への扉




はじめの一行

しゃれたタイトルと不思議なスタート

本書は、SF小説。
タイムパラドックスものと言われるジャンルの本です。

著者の、ロバート・A・ハインラインといえば、アメリカのSF界では有名のようです。
その中でもとりわけ、日本の人に親しまれているのが本書。
ちょっとしゃれたタイトルとは裏腹に、1行目はこんな始まりです。

六週間戦争のはじまる少しまえのひと冬、ぼくとぼくの牡猫、護民間ペトロニウスとは、コネチカット州のある古ぼけた農家に住んでいた。

夏への扉(ロバート・A・ハインライン)

「六週間戦争」ってなに?
「護民官」ってなに?

というかんじですよね。

ネコ好きのための本?

どうやらこの書き出しは、場面設定においてとても重要な内容を含んでいるようです。
六週間戦争というのは、架空の戦争。
その戦争の後、首都はデンバーに移ったらしい。
護民官というのは、平民を守る公職だという事。
猫のペトロニウス(通称ピート)は、どうやら主人公を守っているらしい。

この後の物語は、主人公の猫への愚痴と続く。
冬になると、家の中に12ある扉を猫のピートはぜんぶ開けろとせがむ。
その一つが、夏に続いていると信じているらしい。

本書の内容

時間のはざまを行ったり来たり

内容は、いわゆるタイムパラドックスもの。
主人公の段は、ひょんなきっかけから冷凍睡眠(コールドスリープ)に入る事となる。
30年後目覚めた世界は、とんでもない未来の世界。
その世界を刺激的に感じる半面、30年前に残した人との関係を悔いる。

これ以上はネタバレになりますが、過去と未来が複雑に絡み合う、
なかなかスリリングなドラマです。

猫が中心?

この本の特徴的な部分は、猫のピートが随所でその個性を発揮するところ。
冒頭、「猫好きに捧ぐ」とされています。
今の世の中、猫がちょっとしたブームですから、また注目されるかもしれません。

最後のシーンは、主人公ダンがこうつぶやきます。
「ぼくは、ピートのかたを持つ。」
最後の最後まで、ピートはとても重要な役割です。

ハッピーエンド

この著者、ローバート・A・ハインラインは、あるインタビューで、
「ハッピーエンドしか書かない」と言っていたそうです。
なぜならば、お客さんは「お金を払ってまで悲しい思いになりたくはないはず」
と考えているようです。

だから、最後はハッピーエンド。

とっても素敵な物語です。
ちょっと理屈っぽくて読みにくい部分もありますが・・・笑

本書のご購入はコチラ




学問のすすめ前のページ

僕が学んだゼロから始める世界の変え方次のページ

ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 成長マインドセット
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. はじめに

関連記事

  1. 七尾与史

    ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件

    はじめの一行キャラ立ち小説を書く際のセオリーだ…

  2. 夏目漱石

    こころ

    はじめの一行すべてが匿名夏目漱石の「こころ」と…

  3. 小説

    スカラムーシュ・ムーン

    はじめの一行00旅人と裁き人みなさん、こんにち…

  4. 小説

    不連続の世界

    はじめの1行木守り男マンションを出て住宅街を抜…

  5. 小説

    クラシックシリーズ5 千里眼の瞳 完全版 (角川文庫)

    はじめの一行マイクロサッカード 時事共同通信社…

  6. 小説

    WILL

    はじめの一行受け入れられない両親の死本書は、主…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る
  2. 石田久二

    「言葉」が人生を変えるしくみ その最終結論。(スピリチュアルの教科書シリーズ)
  3. ビジネス書

    売れないものを売る方法? そんなものがほんとにあるなら教えてください!
  4. ビジネス書

    創業一四〇〇年――世界最古の会社に受け継がれる一六の教え
  5. 小説

    霊感検定
PAGE TOP