ノンフィクション

僕が学んだゼロから始める世界の変え方




はじめの一行

衝撃的な始まり

本書は、こんな一文からスタートします。

「僕は、お母さんの腕でを切らなければいけなかったんだ」

僕が学んだゼロから始める世界の変え方(鬼丸昌也)

この衝撃的な一行を読んでしまうと、次を読みたくなってしまいますね。
何が起こったんだ?と。

この言葉を放ったのは、ウガンダ北部の16歳の少年。
この本が訴えたいのは、少年兵の実情です。

本書の内容

殺すか?腕を切るか?

まるで映画のような話ですが、少年兵はある時村から連れ去られます。
そこで強要されるのは、親族を殺すか腕を切り落とすか。
どちらを選んでも地獄です。

その意図は、「帰るところをなくす」という事にあるそうです。
親の腕を切る、もしくは殺す。
小さな村でそんな事件が起これば、その子は村に帰ることはできません。
そこで、少年兵として訓練され、戦場に出る。
居場所は、戦場にしかないのです。

テラルネッサンス

本書の著者は、そんな少年兵を救い出し、社会復帰を援助する団体のリーダー。
その名を、テラルネッサンスといいます。
より多くの人にこの現実を知ってもらい、世の中を変えていきたい。
そんな思いがこの一冊に詰められています。

力強い言葉

著者を動かした言葉

著者が、前書きで一つの言葉を紹介しています。

すべての人に、未来を作る力がある。

ごく普通の学生だった著者は、自ら団体を立ち上げ、世界を変え始めました。

 

本書は、少年兵の実態を語ったものではあります。
ただそれ以上に自己啓発的要素を持っています。

ご自身がどんなきっかけでこの事業をスタートし、
どんな経過をたどって今に至るか。

その物語は非常に心に響くものではないかと思います。

本書の購入はこちら。




ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 成長マインドセット
  3. ある犬のおはなし
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. ヴィクトール・E・フランクル

    夜と霧

    はじめの一行心理学者、強制収容所を体験する知ら…

  2. ノンフィクション

    第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい

    はじめの一行科学的に見破れない違いを見破る”第一感…

  3. ノンフィクション

    友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学

    はじめの一行第1章 貞節な脳(男と女)進化は私…

  4. ノンフィクション

    ゴースト・ボーイ

    はじめの一行 9年間意志疎通ができなかった少年…

  5. ノンフィクション

    人が自分をだます理由:自己欺瞞の進化心理学

    はじめの一行序章【部屋の中のゾウ】名詞。認めた…

  6. ノンフィクション

    子は親を救うために「心の病」になる

    はじめの一行少し不思議な話からのスタートこの本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    記憶屋II
  2. 小説

    未来のミライ
  3. ビジネス書

    マーケティングとは「組織革命」である。 個人も会社も劇的に成長する森岡メソッド
  4. ジョセフ・マーフィー

    マーフィー眠りながら成功する
  5. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿V
PAGE TOP