ビジネス書

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書




はじめの一行

世代間の「やる気」の変化

本書の始まりは、やる気、モチベーションの源泉を世相から切ることから始まっています。
いかに引用したような、団塊世代以上の価値観がいまだ世間にあふれる中、今の30代以下の人たちは全く違った価値観を持っているといいます。
逆に言うと、世間に流布するモチベーションの源を信じなくてもいいよ。
なぜなら、時代は変わっているから。
若い世代にそう語りかけます。

モチベーション革命

出世するため、お金のため、モテるため、おいしい食事やワインを楽しむために、人生まるまる仕事に捧げる上司を見て、「自分はこうはなれない」「自分はこうはなりたくない」と思ったことはないでしょうか。

やる気がないわけではないけれど、そんな上司のようなモチベーションは自分にはない。かといって、何のためなら頑張れるか、分からない。そんなことを思ったことはないですか。

実は、「なんのために頑張るか」という働くための価値観、つまりモチベーションが、ある世代を境に大きく変わってきています。

フジテレビの日枝久元会長、読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡邊恒雄さん、元総理の森喜朗さん……。

団塊世代より10年以上も上の彼らは、戦後の何もなかったころに、欲望とともに成功に向かって駆け抜けました。

お金を稼ぎたい、広い家を建てたい、いいクルマを買いたい、きれいな女性を抱きたい。欲望への飢餓感と上昇志向とともに成り上がっていきました。

ないものを、いかに埋めるか。それが最大のモチベーションだったのです。

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書(尾原和啓)

本書の内容

現代のモチベーション論

前述した古いタイプの価値観で、団塊世代以上の方は頑張ってきました。
彼らを乾いた世代と言います。
なぜなら、ないものをもとめる。
こういった乾きがモチベーションの源泉となっているからです。
しかし、今の若い人たちは、生まれたときにはものに囲まれて生きてきた。
そんな彼らを乾けない世代といい、彼らには違ったモチベーションの源が必要だといいます。

理解されない若年世代

さて、こういった価値観の転換が起こっている一方、若い世代の上司は乾いた世代。
上司の評価は、自分の価値観で行われますから、最近の若い奴は……というお決まりの文句に帰結します。
一方、若い人たちも、そういった上司世代の価値観を見習おうとします。
乾いた世代を、乾けない世代がまねしようとする。
すると、やっぱりオレは、やる気が足りない。
覇気がない。
モチベーションが低い。
そんな風に自己嫌悪してしまうかもしれません。

しかし、本書はそんなことを気にする必要はない、と説きます。
そしてそんな時代の中で、若者がどう生きていくかを指南する一冊。
私は団塊世代でもなければ、30代でもありません。
その中間。
グラデーションのかかった世代の人間ですが、それでもとても心強く感じた一冊です。

Amazonでのご購入はこちら




不登校から脱け出す たった1つの方法前のページ

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本次のページ

ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. はじめに
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. ある犬のおはなし
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ビジネス書

    経営継承の鎖 「歴代成長」企業のDNAを探る

    はじめの一行まえがき横溝正史の推理小説『犬神家…

  2. ビジネス書

    多馬力マーケティング 選ばれる商品になるための口コミの強化書

    はじめの一行はじめに 口コミひとつで「売れない」が…

  3. ビジネス書

    20字に削ぎ落とせ ワンビッグメッセージで相手を動かす

    はじめの一行プロローグ「あなたはスピーチを何もわか…

  4. さわらぎ寛子

    今すぐ自分を売り出す1行を作れ

    はじめの一行はじめにこの本は、特別な才能やスキ…

  5. ビジネス書

    破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

    はじめの一行第一話 トラックのハンドルを握るのは誰…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. お悩み解決〇〇に効く本

    社員のやる気を出したいとき、どんな本が参考になるのか?
  2. ミハイ・チクセントミハイ

    フロー体験とグッドビジネス―仕事と生きがい
  3. 本田健

    大富豪からの手紙
  4. エベン・ペーガン

    あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法
  5. ノンフィクション

    子は親を救うために「心の病」になる
PAGE TOP