ビジネス書

「売る」コピー39の型




はじめの一行

型にはめればいい?

コピーライティングの本だけあって、まえがきはもはやセールスレターですね。
対象となる顧客を明確にし、そこに「型」というだれでも使えそうなフレーズを持ってきて、タイトルは39という具体的な数字。
著者も結構タイトルにはこだわったんじゃないかな、という気がします。

どんどん売れるコピーを書きたい人へ

この本は、次のような人たちの頼りになるよう作りました。
●売り上げを倍増させたいが、効果的なコピーの書き方がわからない人
●コピーライターでもないのに自分でコピーを考えなくてはいけない人
●集客に悩むお店やネットショップのオーナー
●コピーも考えなくてはいけない営業やマーケティング担当者
●コピーライターになってまだ1、2年の人
●広告主、広告担当者
●センスに頼ってコピーを書こうとしている人

売る力のあるコピーには「型」がある

スポーツや武芸、お作法に基本の「型」があるように、コピーにも「型」がある。特に「売る力のあるコピー」には方があるようなのだ。
それを知ってからというもの、僕はそんなコピーの型を発掘し始めた。アメリカの広告人による本や、マーケティング、ブランド、心理学について書かれた本を手掛かりに、法則やパターン探しを行ったのである。そしてわかったことは、ずいぶん前から売るコピーの基本形は発見され、磨かれて使い続けられているということだ。
この本では、そんな「売るコピーの型」を紹介する。

「売る」コピー39の型(有田憲史)

本書の内容

キャッチコピーをパターン化

本書の内容は、タイトルそのまんまです。
過去に効果のあったキャッチコピーを、39の形態に分類し、応用可能とした辞典のようなもの。
各内容には、実際のコピーの例だったり、解説が加えられています。
まえがきでの印象でわかると思いますが、文章は読みやすく難解さはゼロ。
ベッドに寝ころびながらざっと読んで、あとは必要な時にぱらぱらめくりながらキャッチコピーを考える。
私はそんな風に使っています。

多少、キャッチコピーに関する知識がある人は、通読さえしなくてもいいかもしれませんね。
アイデアが出ない時の呼び水として使えるんじゃないかと思います。

Amazonでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら 「売る」コピー39の型 ネット広告、POP、企画書で即使える!ガンガン「売 [ 有田憲史 ]




昨日までの世界(上) 文明の源流と人類の未来前のページ

ひっこみ思案のあなたが生まれ変わる科学的方法次のページ

ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. ある犬のおはなし
  3. はじめに
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. ビジネス書

    YouTubeをビジネスに使う本

    はじめの一行はじめに なぜ動画なのか私は現…

  2. ビジネス書

    これからの世界をつくる仲間たちへ

    はじめの一行プロローグ「魔法をかける人」になるか、…

  3. ビジネス書

    教養としてのプログラミング講座

    はじめの一行執筆のきっかけ本書は、著者の過去の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない
  2. ビジネス書

    数学女子智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。
  3. ビジネス書

    二代目が潰す会社、伸ばす会社
  4. ダリル・アンカ

    本当にやりたかったことを、今すぐはじめよう!
  5. ビジネス書

    インパクトカンパニー 成熟企業を再成長させる、シンプルな処方箋
PAGE TOP