ビジネス書

町工場の娘




はじめの一行

述懐

本書の始まりは、主婦から二代目社長として町工場を盛り立ててきた著者の述懐から始まります。

「社長」と呼ばれるようになって10年がたつ。父の急逝を受けて、一介の主婦から町工場の2代目に。それから、もう10年なのか、まだ10年なのか。
思わぬ受注増という追い風が吹いたり、100年に一度の経済危機と言われたリーマンショックがあったりした。なぜ、自分が社長の時に「100年に一度」が来なければならないのか。当時はついていないとも思ったが、今となればよい経験だ。
お客様が必要としてくれること、仕事があること、社員さんがいてくれることのありがたみを実感できた。そして、自分が意外にも強くなっていることもわかった。もう、「社長の仕事」とインターネットで検索した10年前の私ではない。
ダイヤ精機で働く私たちは、東京都大田区でものづくりに取り組めることを誇りに思っている。それは大田区が町工場の集積地だからだ。高度成長期、父を始め、物作りに携わる人々は、幼い私の目に輝いて見えた。輝く時代をもう一度この目で見たい。

町工場の娘(諏訪貴子)

本書の内容

一度は父にリストラされた次女

町工場を経営する父の次女として生まれた著者。
いろいろと経緯があり、父の会社を継ぐことになった。
実は、著者は幼少期に亡くした兄の「代わり」として男の子のように育てられた。
女性とはいえ、後継者候補として会社に入社したものの、うまく回っていない会社の改善計画を父に提出した。
しかし、それを見た瞬間、父は「明日から来なくていい」という。
その経営改善計画には、リストラを含んでいたからだ。

そんなこんなで、会社を辞めたりしたものの、ある日父が急逝。
それを機に、会社の二代目として代を継ぐことになる。
その時には「ぜひ来てほしい」と言っていた幹部さえも、著者の会社改革に異を唱え始め、社内で孤立。
この状況の中で、社員とのコミュニケーション、会社の変革、
そういったことを行ってきた著者の生きざまがここに記されています。

NHKドラマ「マチ工場のオンナ」

実は、2017年11月には本書をもとにした、ドラマがNHKで放送されたようです。
時節柄、女性の社会進出、苦しい状況からの起伏にとんだ成長物語は、物語として非常に興味深いものだと思います。
一方、気になる点もあります。
著者が、父の言いつけ通り(?)、兄の人生を歩もうとしている点。
いまもまだ、本人はモヤモヤしたものを抱えてるんじゃないか・・・なんて邪推をしてしまいます。
いずれにせよ、ある日突然父の会社を引き継ぎ、ここまで盛り立ててきたというのは並大抵の努力ではないと思います。
そんな中で頑張ってこられた著者には、拍手したい。

Amazonでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら 町工場の娘ー主婦から社長になった2代目の10年戦争 [ 諏訪貴子 ]




ジェノサイド前のページ

なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか――すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる次のページ

ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. はじめに
  3. ある犬のおはなし
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. ビジネス書

    ドラッカー理論で成功する「ひとり起業」の強化書

    はじめの一行著者による「はじめに」本書は、ドラ…

  2. ピーター・F・ドラッカー

    ドラッカーの遺言

    はじめの一行はじめに「I'm ready.(準…

  3. ビジネス書

    小予算で優良顧客をつかむ方法 マーケティング常識11のウソ

    はじめの一行あおってます(笑)いまや、日本を代…

  4. ビジネス書

    後悔しない超選択術

    はじめの一行プロローグ人は一日に約70回、人生…

  5. ビジネス書

    「本位力」の働き方~あと30年を輝かせる仕事と個人の改革~

    はじめの一行はじめに改元の節目を迎え、本格的に…

  6. ビジネス書

    大きな嘘の木の下で ~僕がOWNDAYSを経営しながら考えていた10のウソ。~

    はじめの一行はじめに僕は決してエリートではない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    会社の寿命―盛者必衰の理
  2. ノンフィクション

    物語として読む 全訳論語 決定版
  3. 原田マハ

    楽園のカンヴァス
  4. ピーター・クライン

    エブリデイ・ジーニアス 「天才」を生み出す新しい学習法
  5. 佐々木典士

    ぼくたちは習慣で、できている。
PAGE TOP