小説

記憶屋II




はじめの一行

芽衣子

本書での主人公っぽい立場にいる夏生。
その夏生の友人である、芽衣子との出会いから物語始まります。

幼稚園の前庭で、かわいい女の子を見かけた。白い服を着ていて、髪の色は薄くて、ふわふわと柔らかそうだった。
垂れ気味の目が優しげで、自分とは全然違うタイプの女の子だった。
いいなあ、可愛いなあ、お友達になりたい。遊びに誘ってみようかな、と迷っているうちに、夏生より先に、知らない二人の女の子が近づいて行って、彼女に声をかけた。
その女の子と、同じ組の子どもたちのようだ。
あっ出遅れた、と思ってみていたら、
「芽衣子ちゃんって、いい子だよね」
そんな声が聞こえた。
(めいこっていうんだ)
名前も可愛い。夏生が大事にしている羊のぬいぐるみと同じ名前だった。
芽衣子も、夏生と同じように、その声に棘のようなものを感じ取ったらしい。戸惑ったような表情から、それがわかった。
そんなことないよ、と否定するのも、ありがとう、というのも、なんだか違う。迷っているのが伝わってくる。
芽衣子は結局、
「……そうかな、……普通だよ」
困ったような顔でそう言った。
女の子たちは、顔を見合わせ、つまらなさそうに、「普通だってー」と声をそろえる。

記憶屋Ⅱ(織守きょうや)

本書の内容

続編

本書は、以前ご紹介した「記憶屋」という本の続編という形のようです。

とはいえ、物語の直接的な関連性は薄い。
まあ、どこかでつながってくるのでしょうが、本書ではそれは見えにくいです。

基本的なコンセプトは、もちろん同じではあります。

都市伝説的に広まっている「記憶屋」という怪人(?)のうわさ。
この夏生と芽衣子もまた、どうやらどこかで記憶屋の影響を受けている気配を感じる。
そこで夏生は必死にその存在を探す。
ぽっかりと抜けた記憶の断片を取り戻すために。

そんな折、ある新聞記者と出会い、ともに記憶屋をリサーチする羽目になる。
けっかとして、大学生であり、モデルをやっているリナにぶち当たる。
リナへの突撃取材は、思った以上に効果があり、記憶屋の存在を確信するような話を耳にする。

ただ、本作では話が完結しません。
「次回に続く」状態です。
もし、読まれる方は記憶屋Ⅲも併せて求められることをお勧めします。

Amazonでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら 記憶屋(2) (角川ホラー文庫) [ 織守きょうや ]




ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. ある犬のおはなし
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. はじめに
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. 小説

    WILL

    はじめの一行受け入れられない両親の死本書は、主…

  2. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿 I

    はじめの一行ガードレール世の中には剥がしてはい…

  3. 原田マハ

    でーれーガールズ

    はじめの1行プロローグ拝啓突然のお便り、失…

  4. ピエール・ルメートル

    その女アレックス

    はじめの一行何気ない日常アレックスはその店で過…

  5. 小説

    水鏡推理4 アノマリー

    はじめの一行1秋の陽射しは脆く、晴天があたりの…

  6. 小説

    スプートニクの恋人

    はじめの一行122歳の春にすみれは生まれて初め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    千里眼の復讐―クラシックシリーズ4
  2. ビジネス書

    起業するならスーツの男に声をかけろ! ~まずは月5万円から~
  3. 松岡修造

    弱さをさらけだす勇気
  4. ノンフィクション

    子は親を救うために「心の病」になる
  5. 本田健

    大富豪からの手紙
PAGE TOP