小説

記憶屋Ⅲ




はじめの一行

新たな物語の始まり

本書は、前作『記憶屋Ⅱ』の続きです。
前回は「次回に続く」という感じで終わりましたので、今回それが完結する流れ。
始まりは、初めて出てくる登場人物の描写からです。
テレビで出ている毬谷柊、そしてその裏で本当の顔を見せる毬谷柊、その対比から物語が始まります。

ちなみに前回ご紹介した記憶屋Ⅱの記事はこちらです。

 

テレビをつけたら毬谷柊がでていた。
コックコートではなく、黒いニットを着て、ギャルソンエプロンを付けたスタイルで、スタジオ内のキッチンで料理をしていた。
これまでにも、テレビの料理コーナーに出演して料理の腕を披露しているのを見たことはあったが、バラエティやクイズ番組など、料理とは全く関係のない番組に出ていることもあるので、夏生はずっと彼を料理のうまいタレントだと思っていた。しかし、料理人のほうが本業らしい。
言われてみれば、なるほど、プロの手つきだ。
野菜を切る手元がアップになり、爪の先まできちんと手入れされているのがわかった。
料理をさらに並べ、イタリアンパセリとソースを添えてゲストへと運ぶ、ただそれだけの仕草も絵になっている。カメラも、明らかにそれを意識して撮っていた。
料理をする手元や料理そのものより、毬谷を映している時間のほうが長いくらいだ。女性の視聴者が多い番組だから、視聴者うけを考えてのことなのだろう。

記憶屋Ⅲ(織守きょうや)

本書の内容

物語は、件の毬谷柊の話から始まります。
毬谷柊は、子どもの頃のある記憶を消したかった。
そこである人との関係をリセットしたかったわけです。
そこで、都市伝説的に伝わる「記憶屋」を探した。
その情報を、記憶屋の情報を追う新聞記者猪瀬がつかみ、自身も記憶屋に記憶を消されたことのある女子高生夏生を従え、彼に会いに行く。

もともと、記憶屋Ⅱから続く物語ですが、今回で完結を見ます。
これ以上中身に触れるとネタバレになりそうですが、後半にちょっとしたどんでん返しがあります。
じわじわと進む物語が、中盤以降スピードアップ。
けっかは衝撃的・・・という感じでしょうか。

この後続編が出るかどうかはわかりませんが、ここでひと段落という感じでした。

Amazonでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら 記憶屋(3) (角川ホラー文庫) [ 織守きょうや ]

 



たった1分で相手をやる気にさせる話術ペップトーク前のページ

ネコになってしまえばいい次のページ

ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. ある犬のおはなし
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. はじめに

関連記事

  1. 小説

    最低。

    はじめの一行どことなく冷めた主人公映像化された…

  2. 夏目漱石

    吾輩は猫である

    はじめの一行あまりに有名な書き出しこの本、多分…

  3. 小説

    小説君の名は。

    はじめの一行疑問が沸き上がる一文アニメ作品なのに、…

  4. 小説

    クラシックシリーズ5 千里眼の瞳 完全版 (角川文庫)

    はじめの一行マイクロサッカード 時事共同通信社…

  5. 小説

    仮面病棟

    はじめの一行プロローグ秒針が時を刻む音が、六畳…

  6. 原田マハ

    モダン

    はじめの一行中断された展覧会の記憶二〇一一年三…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    マネーマッド
  2. ノンフィクション

    レンタルなんもしない人のなんもしなかった話
  3. ビジネス書

    最強の縄文型ビジネス イノベーションを生み出す4つの原則
  4. ビジネス書

    外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術
  5. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿 II
PAGE TOP