ビジネス書

やりたいことがある人は未来食堂に来てください 「始める」「続ける」「伝える」の最適解を導く方法




はじめの一行

「日経WOMAN」ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017 受賞スピーチより

今回取り上げるのは、あの未来食堂の経営者、小林せかいさんの本です。
実は、この本の前書きは割とシンプル。
自分の身分を2行で明かして、本題に入ります。
普通の流れなら、その分を取り上げるのですが、本書はその前にご自身のスピーチの引用があります。
その言葉は、こんなものです。

環境が、あなたの行動にブレーキをかけるのではありません。
あなたの行動にブレーキをかけるのは、ただ一つ、あなたの心だけなのです。

やりたいことがある人は未来食堂に来てください(小林せかい)

この力強い言葉は、後半でも引用されていたかと思います。
おそらく、本書でもっとも言いたかったことが、この二行に凝縮されているのでしょう。

結論を冒頭と、後半で挟む。
小説などではよくあるスタイルですね。
ビジネス書でも、マーケッターの方の本では、時折見かけます。

本書の内容

行動指針

本書は、著者がであった「まかないさん」との対話の中でよく交わされる質疑応答、
ご自身のビジネスへの想い、
そして未来食堂店主としてのミッション。
そんな事がふんだんに詰め込まれています。

※まかないさんというのは、著者の食堂で取られているシステムの一つ。
一度未来食堂で食事をしたことのある人なら、50分の労働でただ飯を食えるという仕組み。
実際は貧乏学生が食事のために働くというより、著者と接するためにこのシステムを使う方が多いようです。

といっても、決してページ数の多い本ではありません。
文体も平易で、ビジネス書の中ではかなり読みやすい。
本を読むことに慣れた人であれば、2時間ほどでさらっと読めてしまうと思います。

ざっくり言うと、ノウハウというか著者自身の行動指針的なものがページ数としては多く割かれているような印象です。

磨かれた言葉

私自身がこの本を読んで印象深かったのは、言葉の一つ一つが磨かれていること。
少ない文字数で、多くの想いを伝えるために、相当推敲されたのではないかと思います。
だらだらと長く描くのではなく、短い内容の中に、とことん詰め込んだ感じを受けます。

ご自身も、言葉の使い方にはこだわりがあるように書いてあったように思いますが、
短く簡潔な分の中にたくさんの思いを込める。
そういった書き方は、けっこう参考になるような気がしました。

もちろん、ビジネス書としてもとても参考になる本ですので、
多くの方にお勧めしています。

本書のご購入はこちらから。




小説君の名は。前のページ

鬼速PDCA次のページ

ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. ある犬のおはなし
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. 成長マインドセット
  5. はじめに

関連記事

  1. ビジネス書

    凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク

    はじめの一行逆説で始まる書き出し普通の人が思っ…

  2. アダム・カヘン

    未来を変えるためにほんとうに必要なこと――最善の道を見出す技術

    はじめの一行監訳者まえがき私たちが生きている今…

  3. ビジネス書

    SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方

    はじめの1行はじめにはじめまして!モテクリエイ…

  4. ビジネス書

    世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略

    はじめの一行アマゾンはなぜリアル店舗を展開するのか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学
  2. 小野ひとみ

    アレクサンダー・テクニーク やりたいことを実現できる〈自分〉になる10のレッスン…
  3. 小説

    千里眼 運命の暗示 完全版―クラシックシリーズ〈3〉
  4. 本田健

    一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money
  5. お悩み解決〇〇に効く本

    社員のやる気を出したいとき、どんな本が参考になるのか?
PAGE TOP