ノンフィクション

ミライの授業




はじめの一行

14歳のきみたちへ

14歳のきみたちに、知っておいてほしいことがある。
きみたちは、未来に生きている。
そして大人たちは、過去を引きずって生きている。
きみたちは未来の住人であり、大人たちは過去の住人なのだ。
これは比喩(たとえ話)ではなく、事実としてきみたちは、未来に生きている。
その理由を、簡単に説明しよう。

14歳のきみたちは、21世紀に生まれた最初の世代だ。
昭和の時代を知らないのはもちろんのこと、20世紀の空気にも触れていない。生まれたときには2000年代で、21世紀だけを生きてきた。
一方、きみたちのお父さんやお母さんが中学生だったころ、21世紀という言葉は特別な輝きをもっていた。どんな輝きか?ひとことでいえば、21世紀は「未来そのもの」だった。人々は月や火星に宇宙旅行をして、自動車は空を飛び回り、人間そっくりのロボットと友達のようにくらしている。誰もがそんな21世紀を想像していた。
きっときみたちにとっては、笑い話でしかないだろう。
月や火星に旅行するなんて遠い夢物語だし、自動車はいまだ黒いタイヤで地上を走り、ロボットと友達になれるのはマンガの主人公くらいのものだ。
そう。残念ながら大人たちは、自分が夢見た21世紀を、実現できなかったのだ。
そして21世紀という言葉に触れるたび、大人たちは心の中でこう思う。「こんなはずじゃなかった」と。

ミライの授業(瀧本哲史)

本書の始まりは、対象読者として設定した「14歳のきみたち」に語り掛けるように始まります。
この文章を大人が読むと、ちょっと切なくもなく、まだまだあきらめるには早いと思うこともあり。
とくに、かつて夢見た21世紀の姿を具体的に上げられると、そういえばぼんやりそんな未来を想像したっけ、なんていう妙なシンパシーを感じてしまいます。
私的にはこの本の購入を決定したのは目次を見て、ということでしたがまえがきも、グイグイ引き付けるものを感じます。

本書の内容

歴史から見たふるまい方

本書は、冒頭にある通り、14歳のきみたちに向けて書かれた、という設定になっています。
しかし、並んでいるのは、ビジネス書コーナーだったり、自己啓発コーナーだったりする。
つまり、出版社側は、子どもに売るつもりはない(笑)

分かりやすい言葉で書かれているので、14歳の子が手に取っても十分理解できる内容です。
しかし、実際は大人が買って読んでいる事でしょう。
子どもに読ませるつもりの人もいるのかもしれませんが・・・

で、肝心の内容としては、本書には20人の偉人が紹介されています。
その人たちは、何かしらの形で、世界であり、未来を変えた人々。
ざっくりいうと、こういった人たちの行動から私たちが何を学ぶべきか?ということが示唆されています。

ちょうど、今、時代の変わり目にある、ということは多くの方が感じている事と思います。
本書の内容は、そこに生きる我々大人もまた、考えたいことばかり。
ミライをどう作るか。
そんなことを考えさせられる一冊です。

Amazonでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら ミライの授業 [ 瀧本哲史 ]







“偽りの自分”からの脱出前のページ

千年、働いてきました―老舗企業大国ニッポン次のページ

ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. はじめに
  3. 成長マインドセット
  4. ある犬のおはなし
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. 心屋仁之助

    ネコになってしまえばいい

    はじめの一行ネコみたいに生きたいフォトエッセイ…

  2. ヴィクトール・E・フランクル

    夜と霧

    はじめの一行心理学者、強制収容所を体験する知ら…

  3. 自己啓発

    さよなら婚活 Kindle版

    はじめの一行「婚活」は結「婚」式「活」動を略した「…

  4. ジョン・メディナ

    ブレイン・ルール 健康な脳が最強の資産である

    はじめの一行序章 科学的に証明された「100年脳ト…

  5. 星渉

    神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り

    はじめの一行はじめに 一度きりの人生を公開しないた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. アルフレッド・アドラー

    人生の意味(人生の意味の心理学): 人生を生きる勇気
  2. 小説

    千里眼の復讐―クラシックシリーズ4
  3. アンドリュー・スコット

    LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
  4. ビジネス書

    マンガでやさしくわかるU理論
  5. 小説

    13階段
PAGE TOP