ハリエット・レーナー

こじれた仲の処方箋




はじめの一行

はじめに

この本では、謝罪が持つ力と人が謝るときに陥りやすい問題の両方を扱う。ほんの一部だが、本文で取り上げるトピックのいくつかを、まずここで紹介しておこう。

*自分の言葉や行動が誰かを傷つけてしまったときに、自分が負うべき責任や、悪かったと思う気持ちをはっきりと伝えることが難しいのはなぜか?

*”絶対に誤らない人”はなぜ謝らないのか?”謝りすぎる人”が女性に多いのはどうしてか?

*悪いことをする人ほど、素直に罪を認めないのはなぜか?

*誰が何に責任を持つのかを整理する方法は?

*傷つけられた側の人が、意図せずして、傷つけた側の日の自己防衛の壁を厚くし、謝りたくない気持ちを強める一員となってしまうのはなぜか?

*悪いことをした相手が事実をゆがめたり、責任の所在をすり替えてしまったときに、どうすれば気力のそがれるような怒りと苦痛を乗り越えることができるのか?

*わかれた元夫(またはそれ以外の誰でも)を憎み続けるのを辞められない、本当の理由とは?

こじれた仲の処方箋(ハリエット・レーナー)

ということで、本書の「はじめに」は本書でとりあげるテーマを列挙してます。
まあ、ここに関心のある人は、読んでしまうという仕掛け(?)なんでしょう。
まんまとハマった私のような人がいるわけです(笑)

本書の内容

謝罪は難しい?

ビジネスをやっていると、謝罪をする機会は少なからずあるものです。
何かしらのミスをしてしまったとか、双方の意思疎通がうまくいかなくてボタンを掛け違えたとか。
それ以外でも、夫婦の間では場合によってはいざこざが起こる。
夫は「自分の役割ではないことをここまでやってるのに」と思っていて、妻は「なんでここまでやってくれないのか」と思っている。
これ、よくあるシーンではないでしょうか。

そんな仲を心理学的に解明し、その最適解を考察する。
本書はそんな内容になっています。

たとえば、本書の帯にはこんな事例が出ています。
「ごめんなさい、でも・・・」
「不快にさせてしまったのなら、ごめんなさい」
「怒らせてしまって、ごめんなさい」
ありがちな謝罪の言葉の中にも、ある感情が隠れていることがある。
相手はどうやらその隠れた感情を察知して、謝られているのに謝られていない。
下手をすると、謝られているのに責められてる印象を持つことさえあるそうです。

こじれた関係を修復したい方には、非常に参考になる本だと思います。

Amazonでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら こじれた仲の処方箋 [ ハリエット レーナー ]

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




集中力のひみつ前のページ

10年後の仕事図鑑次のページ

ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. 成長マインドセット
  3. ある犬のおはなし
  4. はじめに
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. ビジネス書

    数学女子智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。

    はじめの一行仕事で「数字」は正しく扱われていない!…

  2. ウイリアム・コーエン

    ドラッカー全教え ~自分の頭で考える技術~

    はじめの1行現代経営学の父、ピーター・ドラッカーと…

  3. ビジネス書

    「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く

    はじめの一行圧倒的な成果ビジネス書、ことマーケ…

  4. ビジネス書

    文芸オタクの私が教える バズる文章教室

    はじめの一行はじめになんで私たちは、文章を書く…

  5. ビジネス書

    教養としてのプログラミング講座

    はじめの一行執筆のきっかけ本書は、著者の過去の…

  6. ビジネス書

    書く技術──「書いて伝える力」があれば、一生負けない!

    はじめの一行まえがき 日本を「一億総クリエーター」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    男女脳戦略。――男にはデータを、女にはイメージを売れ
  2. グレアム・ロートン

    New Scientist 起源図鑑 ビッグバンからへそのゴマまで、ほとんどあら…
  3. ノンフィクション

    「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない
  4. ジョン・メディナ

    ブレイン・ルール 健康な脳が最強の資産である
  5. 小説

    スカラムーシュ・ムーン
PAGE TOP