小説

クラシックシリーズ5 千里眼の瞳 完全版 (角川文庫)




はじめの一行

マイクロサッカード

 時事共同通信社の記者、綿貫達彦は、入社四年目にして日本の歴史上でも最悪とされる事件の取材に駆り出された。
山手トンネル事件。ニューヨーク、ワールドトレードセンタービル崩壊の9・11同時多発テロに匹敵する、あるいは上回る規模の惨劇。崩壊した地下トンネルに閉じ込められた二千百十八人のうち、生還できたのはわずか、四百八十九人。
西新宿入り口のスロープをふさいでいた瓦礫が取り除かれ、報道関係者の出入りが許されたのは事件集結の三日後だった。綿貫は先輩の記者と、カメラマンとともに暗黒の地底に足を踏み入れていった。
遺体はまだ残っていた。現場のそこかしこにロープが張られ、救急班が回収しきれなかった犠牲者の身体、もしくはその一部が存在していた。ほとんどの遺体にはビニールの覆いがかけられていたが、それも十分に数が足りていないのか、放置されているものもあった。
生々しい山上の爪痕を眺めただけでも、食事はのどを通らなくなった。死の恐怖にさらされ、実際に多くの生命が失われるのを目の当たりにした生存者たちの心情はいかなるものだろう。想像することさえ心苦しい。

クラシックシリーズ5 千里眼の瞳 完全版 (松岡圭祐)

ここに書かれている山手トンネル事件は、ずいぶんグロい話になりました。
ということで、それ以降読むのにはそれなりに警戒しながら読んでいたのですが、今回はさすがにそこまではなかった。
まあ、後半多少バイオレンスなシーンはありますが、ごくわずかです。

こういったシリーズ物の始まり方はけっこう難しいと思います。
連続で読み続けている人でも、少し新作までの期間があけば、内容は忘れがち。
それを思い出させることも必要だし、登場人物の説明も必要。
とくに、登場人物の描写は、小説にとってはキモなので、簡単に飛ばすこともできないし、常連さんに配慮するとくどくど説明することもできない。
そんな中で、山手トンネルという強烈な出来事は、過去作品を思い出させるキーワードとしては最適かもしれません。

本書の内容

友、あらわる?

さて、本書の1つの見どころは、なにか?ときかれれば、私はこう答えます。
岬美由紀に初めてといってもいい、心の友が現れる、と。
といっても一筋縄ではいきません(笑)

なんだかんだ言って孤独なんですね、この主人公は。

本書に関して言えば、割と内容は盛りだくさんで、自衛隊時代の話もあり、現在の話もあり。
それ以外のところでの問題もあり。
まあ、あっちやこっちやでやらかしてくれます。

とはいえ、過去作品ほどの派手さはない。
だからといってつまらないかというと、これがなかなかいい感じで終わります。

ま、この辺りは読んでからのお楽しみ・・・ということで。

結局これを読んだところで、なんのこっちゃ?という話なのであらすじは、Amazonの紹介やレビューを参考にしてください。
ところで表紙の女性、森下千里に見えるんだけど、ちがうのかな?

Amazonでのご購入はこちら。

楽天でのご購入はこちら 千里眼の瞳完全版 (角川文庫) [ 松岡圭祐 ]

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 成長マインドセット
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. 小説

    阪急電車

    はじめの一行導入阪急宝塚駅は、梅田(大阪)へ直…

  2. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿VIII

    はじめの一行台湾のぞみにそっくり、というより、…

  3. 小説

    仮面病棟

    はじめの一行プロローグ秒針が時を刻む音が、六畳…

  4. 小説

    水鏡推理Ⅱ インパクトファクター

    はじめの一行1志賀雄介は、デスクの上の鏡に映る…

  5. 七尾与史

    ドS刑事 さわらぬ神に祟りなし殺人事件

    はじめの一行1テーブルをはさんで代官山脩介は一…

  6. 小説

    高校事変

    はじめの一行1総理大臣の最後の日課は、午前零時…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    日月神示 覚醒と実践: 天変地異を乗り越え、神仕組みへの正念場
  2. 小説

    眼球奇譚
  3. 清水義久

    包み込みの幸福論: だから、未来は変えられる!
  4. 小説

    夢のカルテ
  5. ビジネス書

    価値創造の思考法
PAGE TOP