ひきたよしあき

博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ




はじめの一行

はじめに

「君の文章、長いうえに、よくわからないなぁ」
わざとパサッと音をたて、机にレポートを置く上司。その音が、心に刺さります。
「要するに、言いたいことは何なんだ」
と問われて、口頭で説明する。けど、これがまた長い。説明しているうちに自分でも何を言っているのかわからなくなる。
腕を組んでいた上司が、「要点だけでいいから、明日までに書き直してこい」と、会議室を出ていきました。

「要点だけ……」
言われて読み返してみると、私の文章には「これだけはわかってほしい!」という部分がない。モヤっといいたいことはある。しかし、どの一文も自信がなくて、最後に(笑)と書いてごまかしたくなるものばかり。

博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ(ひきたよしあき)

さすがに、広告代理店でスピーチライターをやってるだけあって、計算された始まり方ですね。
ありそうな経験話(しかも困りごとの)をなぞったうえで、この本はそれを解決するというながれが後に続く。
困っている人は、ついつい手に取ってしまいそうです。

本書の内容

文を書くトレーニング本

世の中には、「文章の書き方」的本はたくさんあります。
多くの場合、テクニック本で、具体的にここをこうすればいい、的なものが多いように感じます。
しかしこの本は少し趣が違います。

ところで、文章を書くというのは、私は8割がたパソコンの前に向かう時点で終わっていると思っています。
要は、頭の中にある程度構成が出来上がっているということです。
つまり、表現のうまい下手というより、何を伝え、どう表現するかをある程度事前にまとめておかなければならない。
本書では、その過程についてをトレーニングするための指南である。
私にはそんな風に感じられました。

要約力

とくに、第一章の『文章力は「要約力」で決まる! 』という部分はとても大事だと思います。
文章を書く、書かないにかかわらず、常に頭の中に「要約」をシミュレーションする。
これは、文章を書くだけではなく、話し言葉にも効果は表れると思います。
スピーチライター、コピーライター、日頃企画書などを書く人だけではなく、セールスパースンや管理職の人にとっても役に立つのではないでしょうか。
たいてい、文章が伝わらない人は、話も伝わらないことが多いので・・・。

Amazonでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら 博報堂スピーチライターが教える短くても伝わる文章力のコツ [ ひきたよしあき ]

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




 

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. ある犬のおはなし
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ダニエル・ピンク

    モチベーション3.0

    はじめの一行興味深い研究事例から二十世紀の半ば…

  2. ビジネス書

    セミナー講師の伝える技術

    はじめの一行セミナー講師の役割本書は、セミナー…

  3. ビジネス書

    二代目が潰す会社、伸ばす会社

    はじめの一行まじめ本書の始まりはこんな感じです…

  4. ビジネス書

    ぼくらの仮説が世界をつくる

    はじめの一行はじめにこれから世界は、どうなって…

  5. ビジネス書

    アクセル デジタル時代の営業 最強の教科書

    はじめの一行鮮烈な一行本書は、鮮烈な一行で始ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ピーター・F・ドラッカー

    ドラッカーの遺言
  2. ビジネス書

    あなたの知識や経験を、コンサルタントになって大きな稼ぎに変える法~年収3千万円以…
  3. アンディ・モリンスキー

    ひっこみ思案のあなたが生まれ変わる科学的方法
  4. ジョン・ブラッドショウ

    ファミリーシークレット
  5. 八木龍平

    成功する人が磨き上げている超直感力
PAGE TOP