ビジネス書

儲けのしくみ──50万円からできるビジネスモデル50




はじめの一行

はじめに

全国400万人の中小企業経営者、個人事業主の方へ!
1日15分!50個の公式に当てはめるだけであなたの会社が爆発的に儲かりだす!

儲けのしくみ──50万円からできるビジネスモデル50(酒井威津善)

もう、わかりやすい書き出しですね。
対象を明確にし、ベネフィットを明示する。
もちろんマーケティングに造詣が深そうな著者なので、その辺はちゃんとわかっているんでしょう。

本書の内容

50万円まででスタートできる事例集

本書の内容は、シンプル。
50のビジネスモデルの事例を挙げている。
それもさほど複雑でもなく、さほど大掛かりでないモノばかり。
そのビジネスモデルのポイントを簡単に解説するとともに、事例を紹介しています。
またそのビジネスモデルの応用についてもいくつかの事例を例示しています。

手っ取り早く言うと、これが本書のすべて。

Amazonの評価が低い理由

Amazonの評価を見てみると、意外と良い反応とそうでない反応が真っ二つという感じ。
どうしてだろう?と思うと、この本に答えを求めている人の評価は総じて低いような気がします。
これは「こうしたらいいよ」というのを教えてくれる本というより、アイデアの呼び水として使うのがいいんじゃないかと思います。
たしか、はじめにでそういったことを明示していたような気もするのですが。

だから、私的に考えると、「こうすればあなたも儲かる」的な情報を求める人には合わない。
逆に、今の仕事をどう変更していこうかとか、新たなビジネスモデルをどんな形にしようかとか、新事業をやり始めているけどキャッシュポイントをどこにするかということを考えていて、ヒントがないかなぁと思っている人向きです。

今何かのビジネスがあって、それを変えずに儲けようと思っている人には不向きだと思います。

新しいビジネスを生み出す

今の時代の流れからすると、正直、今までうまくいっていたことがそのままうまくいくとは考えにくい。
そういった場合には、単なる過去の改善ではなくて、何か新しいアイデアを出す必要がある。
そうなった時に、この本はすごく役に立ちます。
というのも、アイデアって本当に何もないところから生まれるというより、何かと何かの組み合わせで生まれることがほとんど。
これはよく言われる話ですね。
となると、その組み合わせの元となる素材が必要になります。
その素材をこの本は提供してくれているんじゃないかな、と思っています。

私的にはかなりおすすめです。

Amazonでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら 儲けのしくみ [ 酒井威津善 ]

PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————





 

ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. はじめに
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. ある犬のおはなし
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. ビジネス書

    小予算で優良顧客をつかむ方法 マーケティング常識11のウソ

    はじめの一行あおってます(笑)いまや、日本を代…

  2. ビジネス書

    集中力のひみつ

    はじめの一行序●集中力は直接操作できない集中力…

  3. ヴァーン・ハーニッシュ

    SCALLING UP(スケーリング・アップ)

    はじめの一行ん?たいていの本、特にビジネス書と…

  4. ビジネス書

    お金2.0 新しい経済のルールと生き方

    はじめの一行経済そのものが変わる?落ち着いた書…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    戦わない経営
  2. アーリック・ボーザー

    Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ
  3. 小説

    霊感検定 心霊アイドルの憂鬱
  4. 小説

    奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い
  5. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿IX
PAGE TOP