ピエール・ルメートル

その女アレックス




はじめの一行

何気ない日常

アレックスはその店で過ごす時間が楽しくてたまらなかった。今日も先ほどから一時間も、とっかえひっかえ試してみている。一つ着けて見て、どうかしらと迷い、試着室を出てほかのを選んできて、また着けて見る。その店にはヘアウィッグとヘアピースがいくらでもあり、毎日でもここにきて午後を過ごしたいくらいだった。

その女アレックス(ピエール・ルメートル)

本書のスタートは、主人公アレックスの何気ない日常から始まります。
何の変哲もない、普通の女の子。
そんな印象を抱くことの書き出し。

この書き出しが、何を意味するのかを知るのは、物語を読み進めてからの話になるのですが。

ネタバレがあったらごめんなさい

どんでん返し

この小説、かなりのヒットだったようです。
それを呼び込んだのは、このはじめの一行だったか、と言えばそんなことはないと思います。
きっと、口コミで広がってきたんでしょうね。

口コミで広がる過程で、どんでん返しがある事は伝えても、その内容は伝えない。
だから、口コミを受ける人にとっては、隠された内容が知りたい。
ということで、ついつい買って読んでしまう。
そんな背景があったのかもしれません。

どんでん返しは予想できなければできないほど、あり得ない話であればあるほどインパクトを生むようです。
そのインパクトがどれだけあるかが、こういった小説の一つのだいご味なのかもしれません。

そうすると、結末を予想させない前半が必要となります。
ある意味正反対の日常を描くことで、どんでん返しへのギャップを作り出すのかもしれません。

この本については、これ以上は語りません。
良かったら読んでみてください。


この本のご購入はコチラ




ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. 成長マインドセット
  5. はじめに

関連記事

  1. 堂場瞬一

    バビロンの秘文字(下)

    はじめの一行第二部 追跡(承前)13-----…

  2. 乃南アサ

    はじめの一行プロローグ車は幅の狭い道をゆっくり…

  3. ヘミングウェイ

    老人と海

    はじめの1行比較的短い作品ヘミングウェイといえ…

  4. 小説

    仮面病棟

    はじめの一行プロローグ秒針が時を刻む音が、六畳…

  5. 小説

    千里眼の復讐―クラシックシリーズ4

    はじめの一行チョコレート南京國際戦争監獄の老朽…

  6. 小説

    イリュージョン 最終版

    はじめの1行1警察学校を出ると、男の場合は交通…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 実用書

    汗をかかずにほっそりする 骨美人ダイエット
  2. ロバート・A・ハインライン

    宇宙の戦士
  3. ビジネス書

    どん底から1日1億円の売り上げを出す方法
  4. ビジネス書

    内向的な人のための スタンフォード流 ピンポイント人脈術
  5. 古賀史健

    嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
PAGE TOP