ピエール・ルメートル

その女アレックス




はじめの一行

何気ない日常

アレックスはその店で過ごす時間が楽しくてたまらなかった。今日も先ほどから一時間も、とっかえひっかえ試してみている。一つ着けて見て、どうかしらと迷い、試着室を出てほかのを選んできて、また着けて見る。その店にはヘアウィッグとヘアピースがいくらでもあり、毎日でもここにきて午後を過ごしたいくらいだった。

その女アレックス(ピエール・ルメートル)

本書のスタートは、主人公アレックスの何気ない日常から始まります。
何の変哲もない、普通の女の子。
そんな印象を抱くことの書き出し。

この書き出しが、何を意味するのかを知るのは、物語を読み進めてからの話になるのですが。

ネタバレがあったらごめんなさい

どんでん返し

この小説、かなりのヒットだったようです。
それを呼び込んだのは、このはじめの一行だったか、と言えばそんなことはないと思います。
きっと、口コミで広がってきたんでしょうね。

口コミで広がる過程で、どんでん返しがある事は伝えても、その内容は伝えない。
だから、口コミを受ける人にとっては、隠された内容が知りたい。
ということで、ついつい買って読んでしまう。
そんな背景があったのかもしれません。

どんでん返しは予想できなければできないほど、あり得ない話であればあるほどインパクトを生むようです。
そのインパクトがどれだけあるかが、こういった小説の一つのだいご味なのかもしれません。

そうすると、結末を予想させない前半が必要となります。
ある意味正反対の日常を描くことで、どんでん返しへのギャップを作り出すのかもしれません。

この本については、これ以上は語りません。
良かったら読んでみてください。


この本のご購入はコチラ




ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 成長マインドセット
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. はじめに

関連記事

  1. 小説

    リバース

    はじめの1行鮮烈な始まり今回も湊かなえさんの作…

  2. 小説

    千里眼 The Start

    はじめの一行あるホームレスの情景結構なヒット小…

  3. 原田マハ

    本日は、お日柄もよく

    はじめの一行挨拶の会場雰囲気から本書は、「スピ…

  4. 小説

    青い春を数えて

    はじめの一行白線と一歩原稿用紙から文字が泳いで…

  5. 小説

    悪魔と呼ばれた男

    はじめの一行プロローグ雨に濡れた墓石は、悲しみ…

  6. 小説

    仮面病棟

    はじめの一行プロローグ秒針が時を刻む音が、六畳…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    経営継承の鎖 「歴代成長」企業のDNAを探る
  2. ジェームズ・ワット

    ビジネス・フォー・パンクス
  3. ビジネス書

    凡人が最強チームに変わる魔法の営業ミーティング
  4. 小説

    千里眼の復讐―クラシックシリーズ4
  5. ノンフィクション

    不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち 「きょうだい型」性格分析&コミ…
PAGE TOP