お悩み解決〇〇に効く本

心が疲れたとき読みたい本




生きてりゃいろいろあるさ

癒し小説を紹介するわけではない

こういうタイトルだと、たいてい、癒される小説や、癒されるポエムを紹介するのが割とよくあるパターン。
まあ、それもいいのですが、その癒しは残念ながらその場限りのことも多い。
ここで取り上げるのは、もう少し現実的に、つらい状態からどうやって抜けていくか?ということにフォーカスし、その方法を明示している本を紹介したいと思います。

継続的なストレスがもたらすもの

人は痛みには慣れても、ストレスには慣れない、なんて話も聞いたことがあります。
そして多くの場合、悩ましいストレスというのは継続的に心を押しつぶす。
これが何を引き起こすかと言えば、けっこう怖い話もあります。
免疫力が落ちて、病気になりやすくなる、というのが代表的なものでしょう。

そこまでいかなくとも、自分が気が付かないうちにある状態になっています。
それは視野狭窄に、思考停止。
ストレスを感じ続けていると、さらに生きにくくなってしまうようです。

解放

ストレスが心を圧迫すると、人間の脳のうち、爬虫類脳と言われる部分が警報を発するといいます。
人の脳のもっとも原始的な部分。
これは、生存本能にかかわる脳のようです。
その爬虫類脳が、「生存本能を脅かされる」と感じると、まずは視野を狭めます。
たとえば、高速道路を走行中は視野が狭くなるとか、大災害から命からがら逃げだした人は、「ほかのものが目に入らず、非常口だけがはっきりと見えた」という話をよく聞きます。
爬虫類脳が警報を発すると、自分の命を守るために必要な部分だけがクローズアップされるようです。

そうすると、目の前の「危機」を排除することだけに集中します。
たとえば、上司が自分のストレスの元だとすると、上司といかに離れるか、上司と顔を合わせないためにはどうするかという感じでしょうか。
イジメにあっていたら、いかにそのイジメの場に近づかないようにするか。
そんなところだけが見えて、他の部分が見えなくなるようです。
そうやって行う決断は、全体を見渡して考えたものではないので極端になりやすい。

だから、ストレスで困っている時こそ、一旦そのストレスから距離を置く必要がある。
そのステップを、この本では「解放」と呼んでいます。

潜在能力でビジネスが加速する――才能を自然に引き出す4ステップ・モデル

まずは開放することで、創造的な能力が動き出す。
その時に見える世界は、少し違ったものになるかもしれません。

どうやって「解放」するか?

最もシンプルな癒し

一般的には、心が苦しいときには心理カウンセラーなどに相談するでしょう。
とはいっても、なかなか敷居が高い。
じゃあ、カウンセラーは何をやっているのでしょう。
実は彼らのやっている事の中心は、クライアントの話を聞き、クライアントを承認すること。
ここがスタートであり、最も重要なわけです。
いろんなテクニックを使って、偏った心を修正することはあると思いますが、その全段階としてきちんと話をきく、というのがカウンセラーの基本的技術だと思います。

身の回りに「話を聞いてくれる人」がいればいいのですが、なかなかそううまくはいかない。
そういう時に、試してみたいのがこれ。

こころのライティング―書いていやす回復ワークブック

心理学者が、自分がツラかった時にその心情を紙に書きつけた。
それを続けているとだんだん心が軽くなることが分かった。
そして、その後、その効果を学術的に検証し、編み出されたのが本書に紹介される「書く癒し」。

私自身もそうですし、友人の中でも何人もが鬱状態から、書くことで快復に至ったという実例を見ています。
そういう意味では、専門機関に相談するのはちょっと・・・と思われる方は、試して損はないと思います。

こころの弾力性

この『心のライティング』を知ったのは、もともとこの本からです。

EA ハーバード流こころのマネジメント――予測不能の人生を思い通りに生きる方法

感情の敏捷性をトータルで学びたいときには、この本はおすすめです。

まとめ

ということでいろいろご紹介しましたが、とにかく今の感情を何とかしたい。
そう考える方は、まずは『こころのライティング』を試してみてください。
その後、じっくりと『EAハーバード流こころのマネジメント』を読み、次のステップへの足掛かりとして『潜在能力がビジネスを加速する』と進んでいってはいかがでしょうか。

今の状態を一日も早く抜け出せることをお祈りしております。

 PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ〜前のページ

支配されちゃう人たち 親や上司の否定的な暗示から解放される超簡単テクニック次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 成長マインドセット
  4. ある犬のおはなし
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. お悩み解決〇〇に効く本

    社員のやる気を出したいとき、どんな本が参考になるのか?

    経営者・リーダーの悩み経営者の三大悩みいろんな…

  2. お悩み解決〇〇に効く本

    自分の生き方を考え直したいときに読みたい本

    つまづいたとき「自分」を見失った半生人間、生き…

  3. お悩み解決〇〇に効く本

    マーケティングも戦略も、上手くいかないのは〇〇の問題!?

    マーケティングが定着しない組織どんなに有能なコンサ…

  4. お悩み解決〇〇に効く本

    会社の売り上げを上げたいときに読む本

    会社の売り上げを上げたいとき、何をすればいいのか?…

  5. お悩み解決〇〇に効く本

    DRMの大家、ダン・ケネディ氏がお亡くなりになりました

    ダイレクト・レスポンス・マーケティングの大家、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 上橋菜穂子

    精霊の守り人
  2. ノンフィクション

    マネーマッド
  3. さわらぎ寛子

    今すぐ自分を売り出す1行を作れ
  4. ビジネス書

    世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた
  5. デイブ・ラクハニ

    説得の心理技術
PAGE TOP