過去の記事一覧

  1. ビジネス書

    鬼速PDCA

    はじめの一行変哲もない書き出し?この本の書き出しは、普通の書き出しです。本書のタイトルである「鬼速PDCA」とは、私が前職の野村證券時代…

  2. ビジネス書

    やりたいことがある人は未来食堂に来てください 「始める」「続ける」「伝える」の最適解を導く方法

    はじめの一行「日経WOMAN」ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017 受賞スピーチより今回取り上げるのは、あの未来食堂の経営者、小林せかいさ…

  3. 小説

    小説君の名は。

    はじめの一行疑問が沸き上がる一文アニメ作品なのに、子供や一部のマニアだけでなく記録的なヒット。アニメの中での象徴的シーンのモデルとなった…

  4. ビジネス書

    「心の時代」にモノを売る方法 変わりゆく消費者の欲求とビジネスの未来

    はじめの一行ビジネス書らしからぬ一行本書の一行目はこんな感じ。世の中には「幸せを連れてくる鍋」がある。「心の時代」にモノを売る方…

  5. ノンフィクション

    僕が学んだゼロから始める世界の変え方

    はじめの一行衝撃的な始まり本書は、こんな一文からスタートします。「僕は、お母さんの腕でを切らなければいけなかったんだ」僕が学んだ…

  6. ロバート・A・ハインライン

    夏への扉

    はじめの一行しゃれたタイトルと不思議なスタート本書は、SF小説。タイムパラドックスものと言われるジャンルの本です。著者の、ロ…

  7. ノンフィクション

    学問のすすめ

    はじめの一行あまりにも有名なあのフレーズ福沢諭吉といえば、今のイメージでは「お札」のイメージでしょうか(笑)長年読み継がれるこの本は、未…

  8. エイミー・C・エドモンドソン

    チームが機能するとはどういうことか

    はじめの一行専門書らしく・・・どちらかといえば、学術書的趣のある本書。書き出しはこんな感じです。二十一世紀における知識ベースの組…

  9. ビジネス書

    稼ぐ言葉の法則 「新・PASONAの法則」と売れる公式41

    はじめの一行ビジネス書にあるまじき(?)オープニングぶっとばす。立ち上がれないほどに、ぶっとばすから、覚悟してほしい。稼…

  10. はじめに

    はじめに

    コピーライターの教科書にはこうあります。「1行目の役割は、2行目を読ませること。」なるほど、確かにそうですね。特に、コピーライターやセールスライ…





プロフェッショナルな読者
グッドレビュアー
10作品のレビュー

カテゴリー

  1. ウイリアム・コーエン

    ドラッカー全教え ~自分の頭で考える技術~
  2. 八木龍平

    成功している人は、どこの神社に行くのか?
  3. 住野よる

    君の膵臓をたべたい
  4. 小説

    霊感検定
  5. ビジネス書

    戦わない経営
PAGE TOP