東野圭吾

  1. 天空の蜂

    はじめの一行1午前五時ちょうどに電話は鳴りだした。その約一分前から腕時計と電話機を交互に睨みつけていた『彼』は、一度目のコールサインが終わらないうちに携…

  2. パラレルワールド・ラブストーリー

    はじめの一行序章線路はまったく違うが、二つの電車が同じ方向に、しかも同じ駅に停まりながら進んでいく場合が時折存在する。田端、品川間の山手線と京浜東北線も…

  3. マスカレード・イブ

    はじめの一行1午後六時を過ぎたころから、フロントにやってくる客が増えてきた。ほとんどがビジネスマン風の男性だ。この時間帯にチェックインをする客は概して表…

  4. ナミヤ雑貨店の奇蹟

    はじめの一行第一章 回答は牛乳箱にあばらやに行こう、と言い出したのは翔太だった。手ごろなあばらやがあるんだ、と。「なんだよ、それ。手ごろなあばらやって」…

  5. 赤い指

    はじめの一行1間もなく夕食という時になって、隆正はさっきのカステラが食べたいといいだした。松宮が土産に持ってきたものだ。「こんな時間…

  6. マスカレードホテル

    はじめの一行1電話が鳴った。内線電話だった。十六階のえればーたホールにある館内電話からだ。山岸尚美は、嫌な予感を覚えた。ついさっき、一人…

  7. 探偵ガリレオ

    はじめの一行1「……振り向いたところを見れば、夫は仮面をかぶっていた。銀色の金属でこしらえた無表情な仮面だった。感情を隠したいときにいつ…

  1. ノンフィクション

    オカルト・クロニクル
  2. 小松左京

    日本沈没(上)
  3. ビジネス書

    インパクトカンパニー 成熟企業を再成長させる、シンプルな処方箋
  4. パム・グラウト

    こうして、夢は現実になる
  5. アービンジャー・インスティチュート

    自分の小さな「箱」から脱出する方法 ビジネス篇 管理しない会社がうまくいくワケ
PAGE TOP