ビジネス書

アトツギが日本を救う ――事業承継は最高のベンチャーだ――




はじめの1行

亡くなる3日前の国際電話

2012年8月。その時私は伊藤忠商事の社員で、上海に駐在していました。いつものように仕事をしていると父から電話があり、こう告げられました。

「やっぱり、お前しかおらん」

父は、20台で事業を立ち上げた創業者です。私は、父の後を継ぐつもりは全くありませんでしたし、父も「お前には継がさへん」と、よく言っていました。
けれども「やっぱり、お前しかおらん」。
このとき父は、末期の肝臓がんでした。ほとんど力が入らない手で、震えながら受話器を持ち、最後に逢いたいということと、私に、会社を継いでほしいということを伝えてきたのです。

アトツギが日本を救う ――事業承継は最高のベンチャーだ――(山根太郎)

死の淵の父がかけてくる電話。
その電話で、著者の状況が一変する。
形としてはすごく理解しやすい展開。
もちろんフィクションではないので、それほど軽い話ではないのですが・・・

本書の内容

著者の回顧録

本書は大雑把に言うと、著者が伊藤忠商事に勤めていたときから、親の会社に呼び戻され、自分なりの経営を行っていくまでの回顧録的内容です。
内容としては、自分自身がやったことや、心構えなんかが書かれています。
自分はこういう時にこういう判断をした。
その時に、こんな風に考えた。
そういう内容が詰まった一冊です。

ご自身の想いが多くつづられているので、そういったモチベーションのところを補給したい人にとっては役に立つかもしれません。
全体的に読みやすく、サクッと読めてしまうんじゃないかと思います。

後継者に向けた本

本書は、著者が本の中で語っている通り、後継者に向けた本です。
実は、そういった本や情報は少なく、ほとんどは親経営者向けの本ばかり。
だから著者も参考になる本がなかったといいます。
それは現実だと思いますね。

数少ない後継者向けの本として、参考になるのではないかと思います。

後継者の本にありがちなのは体験記

本書もそうですが、いくつかの二代目経営者の書いた本は、多くが体験記です。
自分がこんなことを体験し、こんなことから学び、こんな風に考えてきた。
これをつづった本が多いような気がします。
これらはノウハウと言える形で整理されているのはほぼ皆無じゃないでしょうか。

まあ、事業承継なんてマニュアル片手にできるものではないですが、そんな骨太の一冊が待たれるところですね。

Amazonでのご購入はこちら

 楽天でのご購入はこちら   アトツギが日本を救う 事業承継は最高のベンチャーだ [ 山根太郎 ]

 

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




 

図解入門ビジネス最新ISO9001 2015のすべてがよ~くわかる本前のページ

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体次のページ

ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. ある犬のおはなし
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. 成長マインドセット
  5. はじめに

関連記事

  1. ダニエル・コイル

    THE CULTURE CODE ―カルチャーコード― 最強チームをつくる方法

    はじめの一行監訳者まえがき カルチャーについてのカ…

  2. ビジネス書

    パワー・オブ・クリエイティビティ 個性と才能を思いっきり引き出そう!

    はじめの一行はじめに---第三版発行に寄せて私…

  3. ビジネス書

    SDGs入門

    はじめの一行はじめに2015年9月に国連総会で…

  4. ビジネス書

    情報を正しく選択するための認知バイアス事典

    はじめの一行監修者まえがきーーー「認知バイアス」とは何か?一般…

  5. ウイリアム・コーエン

    ドラッカー全教え ~自分の頭で考える技術~

    はじめの1行現代経営学の父、ピーター・ドラッカーと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    あなたの会社が最速で変わる7つの戦略
  2. ビジネス書

    才能が目覚めるフォトリーディング速読術
  3. 小説

    13階段
  4. ノンフィクション

    きょうだいコンプレックス
  5. つのだじろう

    恐怖新聞(7)
PAGE TOP