ビジネス書

日本人のためのお金の増やし方大全




はじめの一行

序文

過去40年間、私はベストセラーとなった著書や国際的なセミナーを通して、大勢の人たちに経済的な自由を獲得する方法を教えてきました。今回はぜひ、それを日本のみなさんがより理解しやすく実践に活用できる情報を加味し、あなたにお教えしたいと思います。

本書では、一生続く「複数収入の流れ」の構築法をお教えします。それらは、通常の収入の流れとは異なるものです。あなたが眠っているあいだも、24時間絶えず流れ込み続ける「一生型」収入というものです。
これら特別な収入の流れは、
・パートタイムベースで、
・家にいながら、
・所持金をほとんど、あるいはまったく使わずに、
・従業員をほとんど、あるいはまったく雇わずに、
・有効性の立証されたシンプルなシステムを用いて、
構築できるのです。

日本人のためのお金の増やし方大全(ロバート・G・アレン)

この序文であげられている項目。
まさに、読者の障害をすべて取り除いていますね。
お金持ちになりたいけど、自分のお金は減らしたくないし、あくせく働くのも嫌。
むずかしいことはできない。
そんな思いを持った人でも、つい手を伸ばしたく序文になっているような気がします。

本書の内容

副業時代だからこそ

本書の内容を理解するのに、目次を見るとざっくりとした印象はつかめると思います。

第1章:イージー・マネー――1日1ドルで経済的な自由を!
第2章:10分間で億万長者! ――必須のマネー・スキル
第3章:マネーツリー・フォーミュラ――一生続く収入の流れをつくる方法
第4章:経済的自由を生み出す山脈――3つの巨大なマネー・マウンテン
第5章:株式市場で成功する――大バカ者のための投資法
第6章:不動産で大きく稼ぐ――頭金なしでもできる大富豪への道
第7章:情報ビジネス――小さな案内広告から巨大な富を築く
第8章:インターネット――ワンクリックで成功への道が開かれる
第9章:パーソナルフランチャイズ――究極のマネー・マシン
第10章:ライセンシング――知的財産を超高速で
第11章:バランスをとる――日々の活動を整理する
第12章:分かち合う――後世に遺産を残す

著者は、家庭における収入をトータルして、マネーツリー・フォーミュラーという形にまとめて提示します。
この中で言うと、株だったり、不動産だったりというのは、「ああ、投資の話か」と本を閉じたくなる人もいるかもしれません。
しかし、そのあとの情報ビジネス、インターネット、パーソナルフランチャイズなどはちょっと身を乗り出したくなる内容じゃないでしょうか。

ローカライズ版

本書はもともと、随分前に日本でもヒットした、『ロバート・アレンの実践!億万長者入門』という本の日本ローカライズ版ということのようです。
「アメリカだからできたんじゃない?」と思える内容も、日本向けに調整してあったり、日本人における詳説があったりして、日本にもなじみやすい内容になっています。
株とか不動産が好きな人は、それを参考にすればいいと思いますし、
実際のビジネスが好きな人はそれ以降を参考にすればいいと思います。

もちろん、全部できればいいのでしょうが、好みもありますしね。

まあ、これだけ多くの手法が紹介されていますので、一つぐらいは自分にあったやり方が見つかるのではないでしょうか。

あと、本書が強調するのは、「一生型」の収入。
ショットで大金を得るより、一生を通じて、チャリン、チャリン、とお金が入るものをすすめています。
理由は本書の中に書かれています。

お金儲け、副業、を考えたい人は、参考になる一冊だと思います。

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




成功するには ポジティブ思考を捨てなさい 願望を実行計画に変えるWOOPの法則前のページ

はじめてのカスタマージャーニーマップワークショップ(MarkeZine BOOKS) 「顧客視点」で考えるビジネスの課題と可能性次のページ

ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. はじめに
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. 成長マインドセット
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. ビジネス書

    人はなぜコミュニティーをつくるのか

    はじめの一行はじめに現在、私は、ファンづくり営…

  2. アンディ・モリンスキー

    ひっこみ思案のあなたが生まれ変わる科学的方法

    はじめの一行ひっこみ思案の克服法本書のテーマは…

  3. ビジネス書

    アテンション 「注目」で人を動かす7つの新戦略

    はじめの一行情報過多時代において「注目」は希少資源…

  4. ビジネス書

    価値創造の思考法

    はじめの一行はじめに豪雪で知られる地方の町にそ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    経営継承の鎖 「歴代成長」企業のDNAを探る
  2. ビジネス書

    100万PV連発のコラムニスト直伝 「バズる文章」のつくり方
  3. 自己啓発

    WHOLE BRAIN(ホール・ブレイン) 心が軽くなる「脳」の動かし方
  4. ノンフィクション

    超心理学――封印された超常現象の科学
  5. 実用書

    奇跡の結果 – 極度の用量ビタミンD3ビタミンD3奇跡シリーズ 製薬…
PAGE TOP