八木龍平

成功している人は、どこの神社に行くのか?




はじめの一行

プロローグ

いまこそ、神社の裏の裏を知って成功しよう!

成功したければ、「神さまの知恵」をダウンロードせよ!

この本を手にとってくださって、ありがとうございます。
あなたは、自分の意志で”手にとった”と思っているでしょうけど、実は超すご腕の営業マンに「うまくのせられた」のです。
”神さま”という名の営業マンに。
そう、あなたはスカウトされたのです。この世をさらによくする「事を成す」人材として。

成功している人は、どこの神社に行くのか?(八木龍平)

これはまた、衝撃的ですね。
本書をてにとったあなたはスカウトされた、と。
え?なになに?とうろたえてしまいそうですが、悪い気はしません。

人が最も関心を持っている「自分」が何者なのか?といことをイメージさせる問いかけに、つい反応してしまった人も多いかもしれませんね。

本書の内容

神社本の続編

非常にざっくりいうと、この本は前作の『成功している人はなぜ神社に行くのか?』の続編と言えそうです。

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

前作では紹介しきれなかった、神社にまつわる話。
前作からより統計的な事実をもって語るいくつかの内容。
そんなことが書かれています。

想いをダウンロード

さて、今回この本を読んで私が印象に残ったのは、神社というのは思いをダウンロードする場所である、ということ。
神社には願い事をする人が集まる場所です。
そして、そこにはたくさんの人の想念というか、想いが集まっているわけです。
そして、そこをお参りすることで、その人々の想いをダウンロードする。

そこで、神さま、自分の身体を使って、彼らの願いを叶えてください・・・
というのは意訳しすぎかもしれませんが、神さまは現実世界に物理的影響を与えるすべを持っていないと言います。
それをたとえば、神社に参った人の身体を使って実現する、と。
そんな風に理解しました。

じゃあ自分の願いはかなわないのか?ってなりますけど、そこは見えない世界のネットワークこそが神社。
数かずの「神さまに選ばれし人」がつながっているわけですから、そういった人たちのご縁でうまくいく。
そんな感じの仕組みがあるように感じました。
かなりざっくりした骨組みですけど。

前作から少し構成がしっかりして、体系的にとらえやすくなったように思います。
たぶん、前作を読んでいても楽しめるし、読んでいなくても問題なく読めると思います。

Amazonでのご購入はこちら

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. ある犬のおはなし
  4. 成長マインドセット
  5. はじめに

関連記事

  1. 池田貴将

    QUEST 結果を勝ち取る力

    はじめの一行プロローグがむしゃらにやる。そ…

  2. 八木龍平

    成功する人が磨き上げている超直感力

    はじめの一行はじめに我慢の人生と、自由な人生、…

  3. アルフレッド・アドラー

    人生の意味(人生の意味の心理学): 人生を生きる勇気

    はじめの一行思わせぶりいやいや、なんとも思わせ…

  4. 清水義久

    包み込みの幸福論: だから、未来は変えられる!

    はじめの一行プロローグ幸せになりたい、というの…

  5. 城ノ石ゆかり

    怒りが消えれば、やせられる―コーピング・ダイエット

    はじめの一行心に効くダイエット本ダイエットとい…

  6. エリック・バーカー

    残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

    はじめの一行ある過酷なレースを常勝する選手の秘密…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    サピエンス全史
  2. 小説

    人間の顔は食べづらい
  3. お悩み解決〇〇に効く本

    DRMの大家、ダン・ケネディ氏がお亡くなりになりました
  4. 佐藤青南

    オイディプスの檻 犯罪心理分析班
  5. つのだじろう

    恐怖新聞(2)
PAGE TOP