ビジネス書

人も自分も操れる! 暗示大全




はじめの一行

成功している人は暗示を上手に使っている

暗示と聞くと、聞き慣れない言葉のため、ちょっとびっくりする人もいるかもしれません。とっつきにくそうだと感じる人もいるでしょう。でも難しく考える必要はありません。実際、暗示は身近な生活の中にあふれており、知らず知らずのうちに誰もが接しているものだからです。

人も自分も操れる! 暗示大全(内藤誼人)

暗示というどこか怪しげな言葉をタイトルに持ってくる時点で、けっこう狙ってるな、という気はしますね(笑)
黒い心理学系の香りがプンプンします。
しかし、実際はそんなことないんですよ、普通に存在するものですよ、という研究者らしい立ち位置でのまえがきではないでしょうか。

本書の内容

心理実験集

本書をごくシンプルに表現するとしたら、暗示に関する心理実験を集め、平易な言葉で解説した心理実験集と言えそうです。
その実験から考えられる活用法なども追記されていますが、やっぱりだいご味は心理実験。
こういったエビデンスがあるものは、やっぱり「きっとそうなんだろう」と思ってしまう、ハロー効果、つまり暗示がここにもあるわけです。

実は私は、企業の幹部研修には、ぜひ心理学を学ぶ機会を持つべきだと思っています。
なぜなら、企業を構成するのは人だからです。
そして、マネージャーがマネジメントするのも人ですね。

こういったことを学ばない管理職が、無理やり部下を従わせようとすると、パワハラなんてことが起きてしまいます。

自分って何だろう?

本書を読み進めていくうちに、自分の行動のかなりの部分が何かしらの暗示に従っているような感覚を受ける人もいるかもしれません。
いろんなことが、自分で決めてるつもりだけど、実は、暗示によって動かされているとか、反射的に反応しているだけとか。
実際にそんな議論もあって、本質的なその人の自由意志というのは本当にあるのか?という疑いを持つ人もいる。

確かに確かに。
まあ、心理実験をいろいろ見れば見るほど、人間って何だろう、なんて思うことがしばしばあります。
そんな人間理解のためにも、知的好奇心を満たすためにも、手にとって損はない一冊だと思います。

Amazonでのご購入はこちら

 【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




未来を変えるためにほんとうに必要なこと――最善の道を見出す技術前のページ

売れないものを売る方法? そんなものがほんとにあるなら教えてください!次のページ

ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. 成長マインドセット
  4. はじめに
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. ビジネス書

    教養としてのプログラミング講座

    はじめの一行執筆のきっかけ本書は、著者の過去の…

  2. ビジネス書

    鬼速PDCA

    はじめの一行変哲もない書き出し?この本の書き出しは…

  3. ビジネス書

    続 会社の寿命

    はじめの一行はしがき『日経ビジネス』が特集記事…

  4. ビジネス書

    部下の能力開花は関わり方次第 あなたの部下は何色レンジャー?

    はじめの一行はじめに相手が思うように動いてくれ…

  5. ビジネス書

    小さな会社の稼ぐ技術

    はじめの一行カバーに書かれた挑発?本書の始まり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    「欲しい」の本質 人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方
  2. 自己啓発

    頭を「からっぽ」にするレッスン 10分間瞑想でマインドフルに生きる
  3. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿 I
  4. ビジネス書

    9割の社会問題はビジネスで解決できる
  5. オリビア・フォックス・カバン

    カリスマは誰でもなれる
PAGE TOP