ノンフィクション

神聖幾何学とカタカムナ マワリテメグル世界がわかる・見える!




はじめの一行

はじめに

幾何学は英語でジオメトリーといい、図形や空間の性質について研究する数学の分野です。そして、形を成す細胞や元素など生命の根源の形やパターンを見ると、調和の極まった神聖幾何学がある事がわかります。
宇宙はミクロからマクロまで神聖幾何学によってつくられているともいえるでしょう。
その形のもとになる「命の種」は、シードオブライフと呼ばれ、その形はベクトル平衡体と名付けられています。それと対になるのが星型八面体、マカバです。

神聖幾何学とカタカムナ マワリテメグル世界がわかる・見える!(秋山佳胤、 吉野信子)

・・・ということで、のっけからトップスピードで走っている感じがあるのは気のせいでしょうか。もうここからして私には何が何だか・・・

本書の内容

神聖幾何学模様を綿棒で再現

本書は、2人の著者の対談形式ですすめられます。実は私にとって彼らの対談はよくわかりません。はじめてこういった世界をのぞくものに対して、前提が説明されていないというか、そもそも神聖幾何学って何?カタカムナってなに?ということをある程度知っている前提で話が進められているように感じました。ですから、そういったことをある程度基礎知識は知ってるよ、という状況で読まれた方がいいのではないかと感じました。内容はそんなに難解に書かれているわけではないのですが、一応中級者向け、という感じでしょうか。

私自身も別の本か何かで基礎知識を蓄えてから戻ってきたらいいのかもしれません。
たとえば、本書の中にはカラー写真で、神聖幾何学にかかわる立体模型を綿棒で作ったものが紹介されています。解る人にはわかるのでしょうが、まったくの初心者にとっては、「それにどんな意味があるのだろうか」という「?」だらけの感覚が抜けません。詳しい作り方も書いていないのですが、「写真を模して自分なりに工夫して作ることで神聖幾何学を理解できる」的な記述があったので、きっとそうなのだと思います。正直それはつくってみたいと思いました。綿棒と、ボンド、買いに行きます。

カタカムナという、図形を模した文字についても、説明が今ひとつわかりにくくてちょっと残念だったかな・・・
ちゃんと読めるように基礎知識を蓄えて戻ってきたいと思います。

 

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

 

Amazonでのご購入はこちら

 




水族館ガール3前のページ

なぜかうまくいく人のすごい無意識次のページ

ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. はじめに
  3. ある犬のおはなし
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ノンフィクション

    地球と人類を救う真実追求者たちとの対話 ~光と闇の最終章が今、はじまる

    はじめの一行はじめに今、私たちのこの世界では、「光と闇の闘い」…

  2. ノンフィクション

    ニュートン式 超図解 最強に面白い!! 統計

    はじめの一行はじめに「自分の成績では、どこの大…

  3. ノンフィクション

    賢い人ほど騙される 心と脳に仕掛けられた「落とし穴」のすべて

    はじめの一行プロローグ―――”ウサギの巣穴”に落ち…

  4. ジョン・ブラッドショウ

    ファミリーシークレット

    はじめの一行はじめにあなたの真実に分け入るため…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. クリスティーナ・ウォドキー

    OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法
  2. ビジネス書

    売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放
  3. ビジネス書

    世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略
  4. 小説

    水族館ガール3
  5. 小説

    妖の華
PAGE TOP