森本康彦

高次元存在バシャール(ビシャー)からのショートメッセージ




はじめの一行

まえがき

2019年7月21日、私は新幹線で品川駅から新大阪駅に向かっていました。
コーヒーを飲みながらバシャールの本を開いたとたんに、突然、「私はバシャールです」というこれが聞こえてきました。頭の中で声が響く体験は、生まれて初めてのことです。
高次元存在であるバシャールは、10分間も私に話し続けました。なぜバシャールが私に直接語り掛けてきたのか不思議でしたが、日本語での語りかけだったので、内容はよくわかりました。
しかし、その日の夜お酒を飲んで深夜にホテルに就いたときには、残念ながらバシャールが話した内容はすっかり忘れ去っていました。

高次元存在バシャール(ビシャー)からのショートメッセージ(森本康彦)

本書のまえがきは、本を書くきっかけ的な話題になっているかと思います。しかしまあ、ある日突然バシャールが語り掛けてくるって、どうなんでしょう?けっこう眉唾な雰囲気も感じつつ読み始めたのが正直なところ。それが読み進めていくうちに・・・

本書の内容

ちょっと辛口なバシャールメッセージ

さて、もう地上波TVでも紹介されたバシャールですから、ずいぶんと知名度が高いものと思います。いわゆる宇宙存在と言われるもので、ダリル・アンカというアメリカ人のチャネリングによって現れ、様々なことを地球の人たちに教えてくれます。別の本によると、このバシャールは、自分達より低次な人たちとのファーストコンタクトを行うプロなんだそうです。地球の人たちにも、宇宙の、そして異次元とのコンタクトを比較的心理的抵抗を押さえつつアレンジしてくれているようです。

このバシャール、ダリル・アンカを介して話をするケースはけっこうたくさんありますし、次々と日本からも著名な方がインタビューし、本にしています。いくつか例を挙げますと・・・

 

Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談

バシャールのワクワクの使い方・実践篇

BASHAR 2017 世界は見えた通りでは、ない バシャールが語る、夢から覚めてありありと見る、世界の「新しい地図」。

まだまだ出てきますが、これぐらいにしておきましょう。

さて、バシャールと言えば「ワクワクした方向にすすめ!」というメッセージが比較的有名かと思いますが、本書は少しから口というかいつもの雰囲気とは少し印象が違います。というのは、まえがきに書かれているのですが、「一般的に広まっている情報は、変質している」「本書に関しては、バシャール(本書ではビシャーと呼んでいる)に確認して、情報の変質を1%以内に抑えている」というのです。考えてみれば、ほとんどの本は、ダリル・アンカのチャネリングを通してのインタビューです。宇宙語(?)が英語で降りてきて、英語を日本語にする過程で、言語的な変質があったり、そもそも理解の範囲を超えた話に関しては言語化できないこともあり、確かに情報の変質が起こるのはわかります。それが、バシャールとの直接コンタクトがあるとすれば、情報の変質は小さなものにとどめられるのは何となく理解できます。

たとえば輸血について

で、本書の中で、いつもと雰囲気が違うな、と思ったのがバシャールは「輸血」を良しとしない、という話をしている点。たぶん今までそんな話は読んだことがないのですが、血液というのは単なる方だけではなく、その中の細胞は人それぞれにおいて固有の振動数を持っているといいます。それを他人からもらい受けると、体内でいろんな不都合が起こりうるといいます。むしろそれほどの状態のときには、いまのじんせいにいったんくぎりをつけることもけんとうするひつようがあるかもしれない、説いています。うーーん、何とも重い話です。

どこかふわふわした印象を持ちがちな内容が多いバシャールの話ですが、本書においてはこのような結構シリアスな話がぽつぽつと出てきます。ショートメッセージということで、一つのトピックは2~3ページに収まるものですが、それがいくつも出てきており、中には先ほどの輸血の話のように驚く内容のもの結構あります。

まああとは信じるか信じないかはあなた次第、というところなんですが、すごく関心を引き寄せられる一冊です。
ちなみに私はKindle版で読みましたが、オンデマンドによるペーパーバックもあるようです。

 

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はこちら

まんがで身につく幸福論~仕事と人生を豊かにするアランの言葉前のページ

カタカムナ 言霊の超法則: 言葉の力を知れば、人生がわかる・未来が変わる!次のページ

ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. はじめに
  3. ある犬のおはなし
  4. 成長マインドセット
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. ケルマデック

    ありえない方法で日常が変わる 異次元とつながる本

    はじめの一行はじめに人は、自分が認識しているも…

  2. さとうみつろう

    0Lei 下

    はじめの一行第13章 何も保有していない人は、全て…

  3. Naokiman Show

    BASHAR×Naokiman Show 望む未来へ舵を切れ!

    はじめの一行はじめにはい、皆さんこんちは~!…

  4. ジュリア・キャメロン

    新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。

    はじめの一行序文 私自身の旅何をしているのですかと聞かれると、…

  5. ジョセフ・マーフィー

    マーフィー眠りながら成功する

    はじめの1行まえがきあなたが精神の眼を開いて、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    ~保険営業で成長するための~ 無知の知のススメ
  2. ビジネス書

    世界一シンプルな増客マシーンの作り方 普段のシゴトをしているだけで勝手に顧客がや…
  3. ケルマデック

    時空を変える設定にオン! 世界はひとつだけではない。選べるのだよ
  4. ビジネス書

    教養としてのプログラミング講座
  5. ビジネス書

    多動力
PAGE TOP