さわらぎ寛子

自分らしさを言葉にのせる 売れ続けるネット文章講座




はじめの一行

はじめに

低価格で良質のものが店舗やネット上にあふれ、
SNSで誰もが発信者になれる時代になりました。
もう、今までのように「モノの良さ」を語って売れる時代ではないのです。

個人の時代といわれてえ久しく、起業・副業する人が増え、
「買いたい人」よりも「売りたい人」がSNSにひしめき合っています。

商品・サービスの良さをあの手この手で伝えても、
「どうせ広告でしょ?」とスルーされ、
同じような商品・サービスを売るために起業した人たちが、
「差別化」が出来なくて苦戦しています。

自分らしさを言葉にのせる 売れ続けるネット文章講座(さわらぎ寛子)

このまえがき、分類するとすれば、「この本を読む価値」を提示しているという感じでしょうか。
本書のテーマが「売れ続ける」だけに、煽るわけでもなく、本質的なお話をしています。

本書の内容

文章講座であって、文章講座ではない

本書を、たとえば、用意されたテンプレートに穴埋めをして創り出すコピーライティングの本、と思うとがっかりするかもしれません。
なぜならば、本書のゴールは一時的に売れる文章を作ることではないから。
オラオラ系の見るからにアヤシイセールスレターは未だ氾濫してるわけですが、あれ、誰の目から見てもアヤシイ(笑)
だから、たまたまその時の心理状態がぴたりと合った人はその商品を買うかもしれませんが、一時的なものであって、ながいコミュニケーションを生むものではないことが多いように思います。

本書はどちらかというと、一つの商品をここぞとばかりに売り込むというよりも、その人の人格を文章に乗せるコツにフォーカスしているように思います。
さらに言うと、文章の書き方というより、思いを具体化して言葉にしていく過程を重視しています。
逆に最終的な表現方法としての言葉は、決してうまく扱える必要はなくって、その人の人間性のあらわれるものである方が優先順位が高い、と考えているようです。

はなしはいろいろ飛びましたが、本書において第一章は著者の考え方の概観。言ってみればイントロダクションのようなものだと思います。そして第二章以降、実際にどう考えていけばいいかの具体的な内容が提示されています。割といろいろ刺激されて、頭の中に浮かぶアイデアを止めることができない印象がありました。

自分を掘り下げる

実習の始まりとなる第二章においては、自分自身の掘り起こしです。いくつかのワークがありますが、それは自分自身の価値観や人生観、今の思いや、方向性を言語化していくフェーズです。こういった深い内容がいきなり出てきているのは、恐らく自分の本質的な部分を理解することなく言葉だけを操ろうとしても、そこに重みがないからなのではないかと思います。ここはテクニックというよりまさに自分と向き合う内容。人によっては苦しいシーンといえるかもしれません。

第三章では自分が好んで使う言葉をピックアップして、その言葉を自分なりに定義していく過程。さまざまな質問を通じて、いろんな角度から自分がよく使う言葉を定義づけていきます。そして第4章は、自分の日々のすべてをコンテンツ化する方法。ここに関しては、決して難しいことではないのですが、なるほど、と唸らせられるものがありました。

なかには、ビジネスモデルのつくり方のようなものも書かれていますので、本書一冊まるまるワークを仕上げれば、まさに言葉で売り上げを作ることが可能な段階に慣れそうです。わたしも再度読み込んで、ワークをしっかりやりたいと思います。

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はこちら。

 

業界破壊企業 第二のGAFAを狙う革新者たち前のページ

人類2.0 アフターコロナの生き方次のページ

ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. はじめに
  4. ある犬のおはなし
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ビジネス書

    図解 テレビに学ぶ 中学生にもわかるように伝える技術

    はじめの一行テレビの分かりやすさよくテレビを見…

  2. ビジネス書

    驚くほど仕事が取れる! 自己紹介のつくり方

    はじめの一行はじめに「たった1分であなたの人生が変わります」…

  3. ダグ・スティーブンス

    小売再生 ―リアル店舗はメディアになる

    はじめの一行はじめに今、経済を動かしている2つ…

  4. ビジネス書

    ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式

    はじめの一行はじめに「20世紀的優秀さ」の終焉…

  5. ビジネス書

    働きたくなるこれからの保険業 SDGs時代に求められる経営

    はじめの一行はじめに働きたくなる持続性の高い組…

  6. ビジネス書

    小さな会社の稼ぐ技術

    はじめの一行カバーに書かれた挑発?本書の始まり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    内向的な人のための スタンフォード流 ピンポイント人脈術
  2. ビジネス書

    思い通りに相手を変える6つのステップ-インスタント・インフルエンス
  3. ジャレド・ダイアモンド

    昨日までの世界(下) 文明の源流と人類の未来
  4. マンガ

    視えるんです。(7)
  5. 小説

    マスカレードホテル
PAGE TOP