ビジネス書

「作る」と「使う」の2つで変わる 動画で稼ぐ仕事術 Zoom、YouTube時代の新しい働き方




はじめの一行

はじめに

□時間を効率的に使って仕事をこなしたい
□育児中、介護中……だけど、少しでも働きたい
□趣味を仕事にしたい
□サロンや教室を開きたい

こんにちは。私は企業や個人事業主の方向けに動画の運営サポートをしています。この13年間に500社以上のお手伝いをしてきました。多くの方が望んでいるのは、少しでも仕事を楽にしたい、収益をあげたいという事です。そのために、動画活用をお勧めしてきました。

「作る」と「使う」の2つで変わる 動画で稼ぐ仕事術 Zoom、YouTube時代の新しい働き方(木村博史)

想定読者が思っている言葉を列挙する。
このまえがきも結構よく見かけるパターンですね。
それだけ効果的なのかもしれません。

本書の内容

動画にまつわる広範囲の内容を案内

本書の特徴としては、とにかく動画にまつわることを広く紹介していること。YouTubeなどはもちろん、リモート会議システムのZOOMの登録方法まで。
基本的に内容は初心者向けだと思います。
だから例えば、細かい編集のテクニックというよりは、ざっくりとした大まかな概念というか考え方を示しているように思いました。
例えばテレビの場合は、どのくらいの時間で画面を切り替えるとか、YouTubeならばとにかく間延びしないような編集をするとか、テロップの表示時間は一文字当たりどれくらいかとか。
何か一つのこと、たとえばYouTubeでやるぞ、と決めている人には少し物足りない内容です。

けど、漠然と、「最近動画がキテる、という話を聞くけどどういう事だろう?」という事から始める、はじめの一歩の入門書として最適かと思います。
動画を使って稼ぐという事をアラカルト的に紹介しているので、全体像をまずはつかみたいという方向けの本です。

何をやるかを決めているわけではないけど、とにかく動画を活用したことを何か始めたい、という方です。

テレワークにも対応

動画という話を少し拡大解釈して、本書はZOOMの使い方(といってもミーティングのつくり方ぐらいの範囲ですが)のところあたりまでは解説してくれています。
意外とその登録方法などについては、けっこう丁寧だったりします。

そんな事から考えていくと、動画を作るとか、テレワークとか、よくわからないんだけど時代についていかなければならない管理職の方が、飛び交う「動画で稼ぐ」という会話についていくために使える一冊という印象がありました。

動画の世界をとにかく一冊でざっくり理解するための本、という理解をしました。

 

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はこちら

真・金運アップの仙人術前のページ

世界を支配する運と偶然の謎次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. ある犬のおはなし
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ビジネス書

    思い通りに相手を変える6つのステップ-インスタント・インフルエンス

    はじめの一行相手を動かす方法本書は、多分日本で…

  2. ビジネス書

    「つながり」で売る! 7つの法則

    はじめの一行ビジネスの理想の姿本書は、こんなふ…

  3. ビジネス書

    リビング・シフト 面白法人カヤックが考える未来

    はじめの一行はじめに1998年に面白法人カヤッ…

  4. ビジネス書

    売れる文章術

    はじめの一行神田昌典氏の懐刀?この本の著者、中野功さんは多分神…

  5. ビジネス書

    スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本

    はじめの一行まえがき「えーあーー人間」から脱出しよ…

  6. ビジネス書

    鬼速PDCA

    はじめの一行変哲もない書き出し?この本の書き出しは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 自己啓発

    もっと結果を出せる人になる! 「ポジティブ脳」のつかい方
  2. ノンフィクション

    コロナ後に生き残る会社 食える仕事 稼げる働き方
  3. ノンフィクション

    物語として読む 全訳論語 決定版
  4. デイル・ドーテン

    仕事は楽しいかね?
  5. マンガ

    ダンナさまは幽霊 霊界だより
PAGE TOP