八木仁平

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド




はじめの一行

はじめに

二度とブレない「自分軸」を見つける本

「この仕事ずっと続けていいのかわからない。モヤモヤする……

「『何か』やりたいけれど、
『何がしたいのか』が分からない……。

本書を手に取ってくださったあなたはこのような悩みを抱えていらっしゃるかもしれません。
本書はその悩みを解決するためにかきました。

過去のぼく自身も同じような気持ちを抱えていました。やりたいことが分からず、ベッドに寝転んでスマホでYouTubeを再生し続ける、そんな自堕落な生活をしていました。

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド(八木仁平)

まさに読者の心境を代弁したかというような始まり。
本書のターゲットと本書の内容が手に取るようにわかるはじまりですね。

本書の内容

ワクワクすることと現実的な仕事とのバランス

なんだか仕事に今一つ打ち込めない。
いや、それなりに一生懸命流行ってるんだけど、人生の大半の時間をその仕事に費やしていることになんだかもったいないような気がしてならない。
あるサラリーマンの方はこんなことを言っていました。
今の自分がここにいて、特に問題を起こさなければたぶん、10年もすればあの課長の席に座ってると思う。
その次はあの部長の席で…
そう考えると、今の職場で働くことに何の意味があるのか、と情けなくなった。

みんな人前では、それなりに充実しているように見せているけど、何かが足りないような無為な日々を送っている人はけっこう多い。
それを解消するためには何が必要かを考えてみるわけです。
もっと仕事を好きになればいい、と考える人もいるかもしれませんし、もっと自分に合った仕事があると考える人もいるかもしれません。

こんな時に、世間にあふれる「ワクワクに従って生きよ」というメッセージはなんだか救われたような気がする。
よし、じゃあ、ワクワクに従って生きるぞ、と決心するも、人間収入がなければ生きることはできません。
そのワクワクとやらは食べられるの?となってしまう。

多くの方はそこで止まってしまう。
あるいは、無理やりワクワクに向かって行って玉砕してしまう。
しかし、本書はもう一歩踏み込むことで、現実的な効果(お金を得る)とワクワクをうまく両立することができると言います。
それはいったいどんな方法なのでしょうか。

価値観・才能・情熱

情熱だけでは生きてはいけない?

割と昔からあるストーリーと言えば、音楽バンドでの成功を夢見て上京するパターン。
けど彼らは、音楽で成功するぞ、という情熱はあるけど、無計画に上京して結局食べるためにアルバイトに明け暮れ、むしろ音楽活動がおろそかになりがち。
そしてメンバーは不協和音を放ち、うまくいかない…。

情熱だけでうまくいけばいいのですが、必ずしもそうはいかない。
また、情熱というのは移ろいやすい一面もあります。
そこだけを頼って一生の決断をするというのが良いか悪いかは議論の余地があるところでしょう。

本書は「やりたいこと」をあぶりだすにあたって、
・価値観
・才能
・情熱
の三つの方向から光を当てようとします。

まず価値観というのは、人の中心にあるもの。
軸がぶれないという時の軸と言えるものでしょう。
そして才能というのは、人よりうまくできることです。
これはキャッシュポイントを作るのに役立ちます。
そして情熱。
好きかどうかですね。

こういった三つの視点から、自分の内面をあぶりだし、これらが重なったところに自分の持てる力と時間を集中的に投下していく。
そう言ったことが大事だと言います。

実はこの三つの資質を取り出すにあたってもよく考えられた質問やワークが用意されています。
世界で一番やさしいというだけのことはあります。

自分の人生について考えるとき、モヤモヤするものがある人は必読の一冊だと思います。

 

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はこちら

 

叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」前のページ

マネジメントの文明史 ピラミッド建設からGAFAまで次のページ

ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. ある犬のおはなし
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. 成長マインドセット
  5. はじめに

関連記事

  1. ひすいこたろう

    悪魔とのおしゃべり

    はじめの一行イントロダクションはマンガで本書は…

  2. 自己啓発

    ニューヨーク大学人気講義 HAPPINESS(ハピネス): GAFA時代の人生戦略

    はじめの一行はじめに ニューヨーク大学人気講義「ハ…

  3. 丸山敏秋

    小さなことから会社は変わる―「倫理経営」のすすめ

    はじめの一行プロローグ日本はこのまま壊れていくのか?日…

  4. 大久保寛司

    あり方で生きる

    はじめの一行はじめに人は幸せになるために生きて…

  5. 城ノ石ゆかり

    怒りが消えれば、やせられる―コーピング・ダイエット

    はじめの一行心に効くダイエット本ダイエットとい…

  6. 塚本亮

    群れない。 ケンブリッジで学んだ成功をつかむ世界共通の方法

    はじめの一行プロローグ ケンブリッジでは、誰ひとり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    最低。
  2. 小説

    イリュージョン 最終版
  3. 小説

    ブランコのむこうで
  4. 自己啓発

    なぜ、あなたの話は響かないのか
  5. ビジネス書

    世界最先端の研究が教える すごい心理学
PAGE TOP