ビジネス書

LEGACY REVIVAL 老舗寝具店四代目、業界復興への挑戦




はじめの一行

はじめに

レガシーという言葉にどんなイメージを持つだろうか。
辞書をひいてみるとレガシーとは、「遺産」や「先人の知恵」といった意味を持つ言葉とされている。
しかし、ビジネスの文脈では「負の遺産」という否定的な意味でつかわれることが多い。
たとえば、レガシーシステムは古い技術で構築された企業のITシステムのことを指す。

LEGACY REVIVAL 老舗寝具店四代目、業界復興への挑戦(高原智博)

本のタイトルの由来説明から始まるという本書。
この中には、今ではあまりいい印象を感じさせないレガシーという言葉の中に、過去の良さを見出すといった意味合いを含めているのかもしれません。

本書の内容

著者のサクセスストーリー

本書の内容をひとことで言うなら、著者の事業承継物語。
それも、親との確執を描くような泥臭い話ではなく、古い家業をどのように近代化していったか?ということがテーマです。
どうやらここには古参社員もいないようなので、そういった親や古参社員との人間関係のグチャグチャを解決する糸口とするにはあまり参考にならない本だと思います。
どちらかというとテーマは、古臭い業種のイノベーション。

それも抽象化した形でのかきぶりではなくご自身の体験談を追っていくような構成になっています。
だから逆に、応用しやすいんじゃないかと思います。
比較的細かに、著者がたどった思考の変化だったり、トライ&エラーを語ってくださっているので、「ああ、古い業種を変えていくなら、こう考えればいいのか」というヒントになるんじゃないかと思います。

ドラッカーの「マネジメント」と合わせて読むと理解しやすい

さて、本書ですが、著者がたどった道のりは、実はドラッカーの「マネジメント」を合わせて読むととてもスッキリ理解できるような気がします。
ご本人は中小企業診断士でもあるということで、マーケティングの4P(Product(製品)・Price(価格)・Place(流通)・Promotion(プロモーション))をベースに説明してくださっていますが、ドラッカーの「マネジメント」におけるイノベーションとマーケティングの項目を読むと、ああ、なるほど、と理解出来たりします。
そう言う意味では意識してなのか無意識なのかはわかりませんが、著者はしっかりと定石を踏んで会社を変化させていっているように思えます。

この過程は、多くの中小企業の後継者にとって役に立つものではないかと思います。難しい理論が先行しているわけではなく、実践が時系列に記されているので応用もしやすいように思います。
これから会社を変えていきたい。そんなリーダーの参考書の一つとしていかがでしょうか。

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はこちら

 

世界一シンプルな増客マシーンの作り方 普段のシゴトをしているだけで勝手に顧客がやってくる!前のページ

ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論次のページ

ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. はじめに
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ビジネス書

    マインドシフト: 圧倒的な勝ち方

    はじめの一行はじめに時代のうねり時代の大きなうねりが来…

  2. ビジネス書

    パーソナル・マーケティング

    はじめの一行プロローグ2004年のことです。ある出版社のカリス…

  3. ビジネス書

    100万PV連発のコラムニスト直伝 「バズる文章」のつくり方

    はじめの一行はじめに ーーーあなたが「文章が書けない」のはごく当た…

  4. ビジネス書

    超予測力―ー不確実な時代の先を読む10カ条

    はじめの一行第一章 楽観的な懐疑論者われわれはみな、先を読む。…

  5. ビジネス書

    人生の勝算

    はじめの一行プロローグ―--経営はストリートから始…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    部下の能力開花は関わり方次第 あなたの部下は何色レンジャー?
  2. ノンフィクション

    時間とテクノロジー
  3. 小説

    仮面病棟
  4. ビジネス書

    ビジネス小説 もしも徳川家康が総理大臣になったら
  5. ロバート・A・ハインライン

    夏への扉
PAGE TOP