ビジネス書

Google式10Xリモート仕事術――あなたはまだホントのGoogleを知らない




はじめの一行

はじめに

あなたはまだホントのGoogleを知らない

新型コロナウイルスにより、わが告発の「緊急事態宣言」が発令されて以来、私たちの住み慣れた社会は一変しました。
甲子園球場で行われる春と夏の風物詩、全国高校野球選手権大会が中止。4年に一度、しかも56年ぶりに東京で行われる予定だった東京2020オリンピック・パラリンピックも延期されました。

でも、悪いことばかりではありません。
いい意味で変化したのが働き方です。

Google式10Xリモート仕事術――あなたはまだホントのGoogleを知らない(平塚真知子)

はじめのキャッチフレーズ的な「あなたはまだホントのGoogleを知らない」という言葉。
とにかくキャッチーで、私の眼にはすごく印象的に飛び込みましたが皆様いかがでしょうか。
たぶんこの本を読むような人は、少なからずGoogleのサービスを活用している方が多いと思うのですが、それでもまだごく一部だというならどうなんだよ、とつい気になってしまいます。

本書の内容

単なるGoogle活用本ではない?

本書の基本的なテーマは、Googleの無料サービスを活用して、高い生産性を発揮するリモートワーク環境を実現する方法を教えてくれる、というところにあると思います。
実際に、そのテーマに即した記述が全体の大半を占めています。
たとえば、Googleは無料のアプリを数えると60とか70とかになるようです。
その中には効いたこともないようなものも多いのですが、本書はそのうちの10ほどのアプリを使うことで、リモートワーク環境が整うといいます。

その具体的な方法(アプリの使い方や設定方法)から、仕事の流れに即した活用パターンを教えてくれます。

たとえばある契約書を作るとします。
従来なら、たたき台を作って先方に見せ、意見を伺い、修正する。
これを対面でやったりすると、どこまでも時間がかかります。

しかし、Googleのアプリを使うことによって、文書を双方で共有しながらオンライン会議。
リアルタイムで修正を加えながら議論を進め、その場で確定する。
ということで、数日かけてやっていた作業が吸う時間ですんでしまうといいます。

なんとも魅力的ですね。
ただ、それだけでは終わらないのが本書の特徴です。

10Xって?

ここからが本書のだいご味なんですが、10X(テンエックス)って言葉、聞いたことありますか?
これは、どうもGoogle内部で使われているようなのですが、企業文化として「10%改善するより10倍にする方が簡単」という考え方のようなのです。
目標を10%改善ではなく、10倍にすることで、やり方を変える必要が出てきます。
そこにおのずとイノベーションが生まれます。
といった感じで、ひとまず考えた目標に、一桁0を足す。
そういった文化があるそうです。

そういったGoogleの企業文化や仕事の進め方に触れられるのも本書のだいご味の一つ。
たんなる、アプリ活用本というわけではないのです。

 

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はこちら

うまくいっている人の考え方 完全版前のページ

世界一100人を同時通訳してわかった 「最速」で結果を出す人の成功哲学次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. ある犬のおはなし
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. 成長マインドセット
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. ビジネス書

    営業の鬼100則

    はじめの一行まえがき今の時代に「鬼100則」と…

  2. ビジネス書

    中小企業の「ストックビジネス」参入バイブル

    はじめの一行はじめに売上が安定するビジネスを作…

  3. ビジネス書

    成功しなきゃ、おかしい 「予測できる売上」をつくる技術

    はじめの一行日本語版監修者まえがき 「予測できる売…

  4. ビジネス書

    教えない授業――美術館発、「正解のない問い」に挑む力の育て方

    はじめの一行はじめにーーー学び方の革命「A君、…

  5. ビジネス書

    未来から選ばれる働き方「会社がなくなる時代」のキャリア革命

    はじめの一行会社がなくなる?神田昌典氏は、何年…

  6. ビジネス書

    叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」

    はじめの一行まえがき人はみんな、一生懸命いろい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    未来から選ばれる働き方「会社がなくなる時代」のキャリア革命
  2. ビジネス書

    「物語」の見つけ方 ー夢中になれる人生を描く思考法
  3. ノンフィクション

    子どもの脳を傷つける親たち
  4. ケルマデック

    超常戦士ケルマデック―あらゆる人生に奇跡を起こす不思議な物語
  5. 橘玲

    スピリチュアルズ 「わたし」の謎
PAGE TOP